無料ブログはココログ

2019年10月19日(土)

友人に教えてもらった猫背矯正ベルトを装着。意外にも心地よい。若いころから、姿勢があまり良くなかったが、パーキンソン病を患ってからは、薬がきれると足が前に出ないので、前かがみになることが多かった。周囲の人からも、「姿勢良くして歩いたほうがいいよ」と言われるのだが、どうやって姿勢を直したらいいかがわからない。パーキンソン病患者の身体は、神経伝達物質ドーパミンの不足により、届きにくくなった脳の命令に代わる、別の指揮系統を求めているようなところがある。例えば、すくんだ足も、一歩先に線を引いてやると、その線を越えることで踏み出せることがある。矯正ベルトも同じことで、筋肉に動く規範を与えてやると、うまく動けるようになるのではないか。

73009389_3353338258017562_75987800799544

アメリカ黒人の呼称について考えてみた。「黒人」という言葉は、アメリカ黒人のなかにある肌の色の多様さを捨象する不正確な表現であるとして、「アフリカ系アメリカ人」という呼称が選択された、という一面がある。しかし、もし正確さだけにこだわるなら、肌の色の多様さにも現れているように、「混血」が進んだ現在、アメリカ黒人のほとんどはアフリカ系であると同時に、ヨーロッパ系であったり、アジア系であったりするはずである。とすれば、アフリカ系アメリカ人という呼称は、一滴でもアフリカ人の血が混じっていれば、「黒人」として差別されたワン・ドロップ・ルールを追認することにならないだろうか。もちろん、これは表現の正確さにのみこだわるなら、という話である。「アフリカ系」という呼称は、様々なルーツを抱え込んだ人たちが、共通の歴史を基盤として選択したアイデンティティである。同時に、表現の不正確さにもかかわらず、「黒人」という言葉にも、同じような可能性が残されているのではないかとも思われる。

一方で、60年代くらいまでは普通に使われていた「ニグロ」という言葉は、現在では差別的なニュアンスがあるとして、使うのを避けるようになった。語源であるラテン語negroには、「黒い」という以外の意味はなく、差別的ニュアンスはないと、この呼称を擁護する人もいる。実際、60年代の統計では、自分のことを「ニグロ」と呼んで欲しいというアメリカ黒人が一番多かった。しかし、差別語が最初から差別的なニュアンスを持っていたとは限らない。差別的なニュアンスを持たなかった言葉が、差別的なコンテキストで、差別的な意図を持って使われるうちに、差別的なニュアンスを刻印され、差別語として忌み嫌われるようになっていくことはめずらしくない。(逆に、黒人同士の間で、差別語が連帯を表すために使われることがあるのは、コンテキストが違うからこそ成立することである)

例えば、誰かがぼくのことを「ひらげ」と呼ぶとき、「やあやあ、ひらげさん」と親しみを込めて呼んでくれれば、これは愛称である。しかし、「やーい、やーい、ひらげ」「ひらげめ」となると、蔑称に他ならない。それが数十年もずっと続いて、子供も「ひらげの息子め、ひらげの娘め」と罵られるようになれば、これはもう立派な差別語だ。「ひらげ」という言葉にはもともと差別的なニュアンスはなかったのに。このように、差別的なコンテキストのなかで、いつの間にか刻印された差別的なニュアンスは、現実の差別を放置しているうちに、たちまち増殖していく。差別的な状況を放置したり、あるいは加担したりしているものが、「ニグロが差別語なのはおかしい」などというのは、見ていて片腹痛いというべきだろう。(しかし、差別語を擁護するものは、しばしば差別の主体者だったりするのだ)

結論としては、本人たちが呼んで欲しい呼び方というのがひとつの目安になるだろうが、それも状況は刻々と変わっており、昨日「政治的に正し」かった呼称が、いつの間にか差別語になっているということもありうる。まったく、世話が焼けると思う人もいるかもしれないが、それはそうした呼称で呼ばれる本人たちの責任ではなく、そうしなければ、現在も続いている差別的な状況のなかで、差別的な色に染められていく言葉の、差別的な視点に絡み取られてしまうことに問題がある。

※後記
誤解を招く表現が多いという指摘を受け、元の文章を訂正しました。読む人に元の文章の意図を正確に伝えようとするための訂正であり、議論をかく乱したり、間違いを糊塗したりする意図のもとに行ったものではないことをお断りしておきます。

どうも、ぼくの文章は伝わりにくいようなので、念のため書いておきますが、上掲の文章は、差別語は「文脈を理由に復活させるべきではない」という立場から、書かれています(それは文章を直す前からそうです)。差別的な文脈でくり返し使われてきた言葉には、差別的なニュアンスが染みついてしまっています。ある世代の日本人が、ペレス・プラードの「タブー」を使おうとすると、カトちゃんの「ちょっとだけよ」がついてきてしまうようなものです(プラード自身はストリップというコンテキストは想定していなかったと思う)。そうしたニュアンスに無自覚でいることは、被差別者を排除した閉じられたサークルのなかでなら可能でしょうが、いったん気づいてしまうと、表現に誠実であればあるほど、そうした刻印を押された言葉を差別的でない文脈で使うことが難しくなる。差別語の排除が過ぎると、文脈を無視した言葉狩りのようになって、自由な表現が損なわれるというのもわかるのですが、文脈を重視するなら、差別的なニュアンスが染みついた言葉をそうでない文脈で使うこともまた、適切ではないように思います。

そういった意味では、黒人同士が差別語で呼び合うとか、ジョン・レノン「女性は世界の奴隷か」("Woman Is the Nigger of the World")とかは、言葉の差別的なニュアンスをわかったうえで、逆手にとって差別に対する皮肉やカウンターとして使っており、「あり」なのではないかと個人的には思います。ぼくはそれについて結論じみたことを言える立場にはありませんが。

2019年9月14日(土)

この半月ぐらい、体調の波が激しくて、へたっていた。好調と不調を何度も行き来すると、身体が覚えているのは、不調へと落ち込んだ時の徒労感のほうで、好調なときも、いつまでこの状態が続くのかという不安が頭から離れない。医師に相談したら、肌を通じて常に薬が入るパッチの量を増やして、症状を安定させることになった(そのかわり、レポドバは1錠減らす)。おかげで、今日は比較的安定しているようだ。

また、絵を描きはじめた。

70627616_3250644384953617_54723547639809
今日のお絵描き①「太陽とゾウ」

71201081_3250716401613082_31708937338056
今日のお絵描き②「月がとっても青いから」

2019年8月29日(木)

パーキンソン病の病状が進むと、表情筋が衰え、無表情になる。そのことはぼくも否定的にしか捉えられなかったのだが、ポーカーをしたら強いはずだ。ただし、パーキンソン病患者同士でやっても、面白くも何ともない。

2019年8月13日(火)

たぶん、他所さまにはなんだかわけのわからないインスト。「巡礼者」パーキンソン病の薬が切れてふうふう言いながら歩いている自分を、「巡礼者」の様だと思うと少し慰めになると思って、つくってみた。

2019年8月13日(火)

たぶん、他所さまにはなんだかわけのわからないインスト。「巡礼者」パーキンソン病の薬が切れてふうふう言いながら歩いている自分を、「巡礼者」の様だと思うと少し慰めになると思って、つくってみた。

2018年7月7日(土)

ボブ・ディラン「くにょくにょするなよ」

パーキンソン病になって考えるようになったのは、自由と束縛の矛盾した関係である。神経伝達物質が出なくなるということは、ある意味、身体が脳の支配から解放されることであると言えるかもしれない。しかし、その結果、身体が感じているのは、どうにもならに不自由さだ。方向性を見失った身体は、ばらばらになりそうな感覚を覚えつつ、後ろから見えない何かに羽交い絞めにされいているような束縛を感じる。ときどき、「うわああ」と叫んで振り払いたくなるのだが、もちろん、そんなことをしても何も変わらない。自由はある統率のもとに構成されて、初めて存在するのだなと思う。だからといって、全体主義に鞍替えするわけではないが。

2018年5月5日(土)


シンセを前面に出したいんちきワールドなインスト「ここはインドかネパールか」をつくりました。

舞岡の自然農園かねこふぁーむ喫茶「あとりえ」で、ロコサトシさんの作品展示中のチャリティー・イベントに、ひらげエレキテルとして出演してきました。イベントに誘ってくれた青山俺汚さんの朗読に続いて、ギター弾き語りで6曲ほど歌わせてもらった。演目は、「New Song」(オレオさんのサポートで来ていた爛漫社中のマコさんが、鍵盤ハーモニカで参加してくれた)「行こうよ」「かわいい子猫ちゃん」「いつ死んでもいいように」「正義の味方はいつも顔を隠している」「最後の日」。

その後、紙芝居などもあり、自然あふれる場所で、あした葉茶などを飲みながら、ゆったりとした時間をすごしているうちに、ふと気がつくと、パーキンソン病の症状がまったく消えていた。もちろん、薬は飲んでいたのだが、この半月ほど、薬を飲んでも、身体がばらばらになるような感覚(脳の指揮系統が混乱している?)が収まることがなかったのだが、植物に囲まれている間は、病気であることを忘れるほど、身体が一体感を取り戻していた。これが森林浴の効果というものか。

2018年4月30日(月)

来たる5月3日(木)、荻窪Bungaで開催予定のWorld Wide Weekに向け、ゲストのケペル木村さんを迎えての、チキリハ(チキリカ・リハーサル)。

考えてみれば、パーキンソン病が発見される以前、いかに多くの人たちが、周囲の無理解と自分への歯がゆさの中で死んでいったことだろう。ぼくには、その人たちの怨念が味方についている。はるかに生きやすくなったこの時代で、自分らしく生きる責任がある。

病気の進行は、思った以上に早い。まだまだ薬は増やせるとは言え、早晩、ギターを弾けない日が来るだろう。それでも、しばらくは歌は歌えそうだし、DTMを駆使して、音楽を続けることはできると思う。音源でリアルなサウンドを追求するか、いっそテクノに走るか。

2018年3月30日(金)

ヘルプマークを手に入れた。ヘルプマークとは、パーキンソン病のような内部疾患や、精神障害、知的障害、義足をしている人、、妊娠初期の人など、外見ではわかりにくいハンデを抱えた人が、援助を必要としていることを示すために、東京都によって作成されたマークである。現在では、全国への普及が図られ、神奈川県でも区役所などで入手することができる。しかし、知名度はまだまだ低い。もう少し広まって欲しい。

29542888_2115742735110460_7981094_2 11402816_1026414810709930_697947586

ヘルプマーク(左)。ひらげの愛器ボ・ディドリー・モデルと瓜二つ。

区役所でヘルプマークを入手したその足で、星川の調剤薬局に行き、眼鏡の上からかけられる老眼鏡ハズキルーペを買い求めた。昨日、『アゲイン』の店長が使っているものをかけさせてもらって、あまりによく見えることに驚き、さっそく手に入れることにしたのだ。行ってみると、明日までセール中で2割引き。こいつは春から縁起がいい。

いつもお世話になっているオレオさんから、アクション・ペインティングのBGMを作ってみないかと言われ、おっかなびっくりやってみた。オリジナルのブルース「空飛ぶブルース」を下敷きに、とりあえずは、短めのサンプルを作ってみた。

2018年1月30日(火)


YOuTubeで、iPS細胞を用いたパーキンソン病治療についての京都大学の高橋淳先生のお話を聞いた。勉強になった。薬が効いている状態というのは、数が少なくなったドーパミン神経細胞が、L-ドパドーパミンの原料)から必死でドーパミンをつくっている状態なので、必ずしもハッピーな状態ではないというのは、なるほどと思った。根本的な治療としては、ドーパミン神経を再生するしかないのだな。iPS細胞やES細胞による治療研究は思った以上に進んでいるようだ。

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30