無料ブログはココログ

2017年5月15日(月)

衝撃の新解釈。「あなたかわりはないですか」=どうしても別れるっていうなら、他のオトコ、紹介しなさいよ。

明治学院非常勤、前期第五回目。前回に引き続き、アレックス・ヘイリー原作のテレビドラマ『ルーツ』を見る。今回は、農場主ジョン・レイノルズに買われたクンタ・キンテが、様々な経験の末、逃亡を試みるが、失敗して鞭打たれるところまで。鞭打たれても、「トビー」という奴隷の名前を拒否し続けるクンタ・キンテ。ついに名前を受け入れたクンタのもとにかけつけたフィドラーが、「やつらはお前に勝手な名前をつけた。だが、お前はいつだってクンタ・キンテだ。いつかいい日が来る」というシーンでは、やはり泣きそうになってしまった。映画の内容を受けて、いくつかのポイントについて解説をした。

クンタの教育係フィドラーの印象が、だいぶ変わったという学生もいた。奴隷の身分に甘んじていたフィドラーも、自由を求めるクンタの姿勢に打たれて考えを変えた、と。もちろん、そういう面もある。ただ、フィドラーは最初から奴隷であることに納得はしていない。クンタと違って、奴隷として生まれたフィドラーは自由を経験したことがない。マルコムXに言わせれば、フィドラーは、白人の家に住み、白人のお下がりを着て、白人の残り物を食べる、白人に同化した家内奴隷のひとりなのだろう。しかし、マルコムは話を単純化している。家内奴隷は、白人に同化していたわけでも、野外奴隷と対立していたわけでもない。フィドラーがそうしていたように、白人の台所から食べ物をくすねてくるのは家内奴隷だったし、主人とともに旅をすることの多かった御者などの家内奴隷は、黒人コミュニティに必要な情報をもたらした(例えば、「アボリッショニストっていう人たちがいて、オレたちを逃がしてくれるらしい」とか)。

今回見たところで、焦点となる問題のひとつが、名前である。ドラマは、奴隷主が勝手につけたファースト・ネームをアフリカ出身のクンタ・キンテが拒否するという話だったが、姓についても同じようなことが言える。奴隷は奴隷主の姓を名のったため、別の奴隷主に売られれば、姓が変わった。ばらばらに売られれば、当然、家族でも別の姓になる。こうした「奴隷主」の名前を捨て、もはや知ることのできないアフリカ名の代わりに、未知数のXを名のろうと呼びかけたのが、マルコムXが所属したネイション・オブ・イスラム(NOI)である。スパイク・リー監督の映画『マルコムX』(後期の授業で見る予定)で、収監されたマルコムが囚人番号を答えることを拒否するシーンは、NOI入信の伏線であると同時に、クンタ・キンテへのオマージュなのかもしれない。

黒人女性の置かれた立場も、生々しく描かれていた。女性の奴隷は、男性の奴隷が味わう苦しみに加えて、レイプやセクシャル・ハラスメントといった女性特有の苦しみも味わうことになった。『ルーツ』のなかでは、奴隷監督のエイモスだが、実際にはレイノルズのような奴隷主も、しばしば、奴隷の女性を相手に性的な欲望を満たした。奴隷主の立場からすると、性的欲望を満たした上に、生まれてきた子供は奴隷という財産になる。生まれてきた子供の多くは、主人の都合で売られていき、奴隷の女性は子供との別れという苦しみをも味わうことになった。このことは、何回かあと、「人種間結婚」の項で扱う。

奴隷監督エイモスの存在にも注目しておこう。「奴隷同然で7年間働いた」というのは、彼が年季奉公人であったことを示している。年季奉公人とは、本国で集めた労働者に、アメリカへの渡航費と仕事を与え、決まった期間無償でj働かせるもので、アメリカの開拓は当初、彼らに頼るところが大きかった。しかし、白人の年季奉公人は、逃亡すれば身分がわからないし、期間が終われば解放される。そのため、アフリカ人奴隷が導入されると、アメリカ奴隷労働の主流はアフリカ人奴隷に移行していった。やがて元年季奉公人を含む白人貧困層(プア・ホワイト)の多くは、黒人を自分たちの下に位置付けることで、心理的な安定をえるようになっていく。

このあと、ジュリアス・レスター『奴隷とは』などから、奴隷の証言を引用して、プランテーションの劣悪な状況を概観した。もちろん、状況は農場によって大きく違っただろう。しかし、憶えておかなければならないのは、仮に「良い農場」「良い主人」があったとしても、奴隷たちにはそれを選ぶ権利がなかったということである。

國學院非常勤、前期第五回目。「1st Year English」は動名詞。動名詞は名詞の働きをする→主語、目的語、補語、前置詞の後に入る、と一歩踏み込んで考えることによって使える知識になる、という神奈川大で教えたのと同じポイント。「R&W」は、バラク・オバマ2008年大統領選勝利演説を読む。演説で引用されていたサム・クック「チェンジズ・ゴナ・カム」を聞きながら、授業開始。オバマの登場が、政治的な無気力状態に置かれていた人々に希望を与える、感動的な一節だが、再履修の学生には難しすぎたかもしれない。「それは、長い間、我々が達成できることについて、冷笑的で、びくびくと、疑い続けるよう言われ続けてきたひとたちに、歴史の弧に手をかけ、もう一度より良き日の希望へと引き寄せるよう促す答えである。長い時間がかかりました。しかし、今夜、今日、この選挙で、この決定的瞬間に、私たちがしたことゆえに、ついに変化は来たのです」

2017年5月11日(木)

ウクライナで、いくらナウ。

首都大非常勤、前期第四回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。ルイ・アームストロングの歌う「(ホワット・ディドゥ・アイ・ドゥ・トゥ・ビー・ソー)ブラック・アンド・ブルー」を聞きながら授業開始。本当はYouTubeにアップされていた1965年パリでのライブ動画を紹介しようと思ったのだが、DVDがプレイヤーに拒否されたため、念のため持って行ったCDで音だけ。前回、紹介したファッツ・ウォーラーのつくったこの曲、陽気なエンターテイナーのイメージとは真逆の、差別されるものの苦悩を歌った重苦しいブルースだ。ラルフ・エリソン『見えない人間』のなかに、主人公がルイ・アームストロングのこの歌を聞くシーンがある。無邪気にも聞こえる歌の下に幾重にも広がっている、「見えない人間」にしか見えない「地下世界」を描いているのだが、そのことを説明しているうちに、ボールドウィン『もう一つの国』で、ルーファスがサキソフォン奏者の演奏のなかに「愛シテクレルカ?」という悲痛な叫びを聞き取るシーンとごっちゃになってしまったようだ(ダメじゃん!)。次回以降、整理して訂正しなければ。もっとも、二つのシーンには共通するものがある。表面的な陽気さの裏に潜む、「見えない人間」の苦悩。だから、本当は動画で、サッチモが満面の笑みを見せて歌い始めたり、目を見開いたりする姿を見て、その裏にある何かを感じてほしかった。

テキストは、「仮にジャズをヨーロッパ音楽と西アフリカ音楽という二つの偉大な音楽的伝統が、アメリカ合衆国で300年にわたって混ざり合った結果と定義してみよう。すると、ヨーロッパのモノが支配的な音楽文化にあって、ジャズを他とは少し違う、すぐに見分けのつくものにしている特質は、西アフリカと関係があるということになる。/ジャズと西アフリカ音楽の関係は何だろう?おそらく、もっとも明白な共通点はリズムである。西アフリカの部族民がジャズを好きになるということではない。混淆が進みすぎていて、好きになれないだろうから」 ぼくは差別的なニュアンスのある「部族」という言葉は使わないが、ここでは原文に出てくるので、注意を喚起しつつ、そのままにした。

2017年5月9日(火)

日本女子大非常勤、前期第五回目。「米文学論文随筆演習」は、ハリエット・アン・ジェイコブズの奴隷体験記を読む。優しい女主人の死後、リンダ(ジェイコブズの仮名)は、弟ウィリアムとともに、フリントという医師と結婚した女主人の妹の幼い娘に相続されていく。誇り高い亡父の性格を受け継いだウィリアムは、自分が奴隷であることに我慢がならない。二人の祖母である「マーシーおばさん」は、自由にするという女主人との約束を反故にされ、フリントによって売りに出される。フリントは、奴隷ながら知性と高潔さで尊敬を集めている祖母に対する卑劣な行為が、世間に知られることを恐れて、プライベートな取引を望んだが、祖母は自ら競売台に立つことを選んだ。女主人の妹である未婚の女性が15ドルで彼女を買い、解放する。このときs、祖母は50歳(意外と若い!)。同じ章の後半では、気に入らない料理をつくった奴隷につらく当たるドクター・フリントの非情さや、身体的には弱く、何の仕事もできないのに、奴隷が鞭打たれるのをいつまでも眺めていられるほど、精神的には図太いフリント夫人が、奴隷たちが料理の残りをくすねないように、鍋に唾を吐いて回る様子。また、夫の浮気相手である女奴隷を罵る別の女主人の話などが描かれる。

「アカデミック・ライティング」は、授業中につくったアウトラインに基づいて、パラグラフ3を宿題にするはずだったが、パラグラフ2などの添削に時間がかかり、そこまでいけなかった。とはいえ、添削を疎かにするわけにもいかず、なかなか悩ましいところだ。パラグラフの構成自体は、みんな少しづつ分かってきた様子。あとは、読者に論理の流れをきちんと示せるかどうか。そのためには、もちろん、自分で自分の論理がどう流れているのかわかっていなければならない。もちろん、前提として、英語力の問題はある。

2017年5月8日(月)

明治学院非常勤、前期第四回目。

前回に続き年表に即して奴隷貿易と奴隷の歴史を辿った。起草した独立宣言に奴隷貿易を推進したイギリス国王を告発する条項を入れようとした(南部プランターの反対で削除)、のちの第三代大統領トーマス・ジェファソンは、自身も100人以上とも言われる奴隷を擁したプランテーションを経営する大農場主であり、サリー・ヘミングスという奴隷の女性との間に何人もの子供がいたとも言われている。偽善と見る学生もいたが、ぼくとしては、偽善を暴き立てるつもりはなく、その時代、あるいはアメリカという国の矛盾を体現した人物が、矛盾を露呈することを厭わずに、理想を掲げたところにむしろ魅力を感じる。

北部を中心に廃止の方向に向かっていた奴隷制の息を吹き返らせたのが、綿繰機の発明という技術革新であったというのも皮肉な話だ。綿花をほぐす時間が大幅に短縮されたのに対し、綿花の収穫には従来と同じ時間と労力がかかる。結果として、綿花を栽培するプランテーションではより多くの奴隷労働が求められることになった。技術革新が労働時間を減らすどころか、より過酷な労働環境を生み出すという、現代にも通じる問題であり、そのことを痛切に感じた学生も多かった。

独立後、制定された合衆国憲法では、奴隷の人口は自由人の5分の3として計算するよう定められていた。これは、人口比によって、議員数が振り分けられる下院で、対立し始めた南部と北部の勢力の均衡を保つための措置だった。これこそ、まさしく人間扱いされない奴隷を、必要な時だけ部分的に人間と見なす偽善である。さらに、人口比によらず、各州に2人の議員が振り分けられた上院では、新しい州が誕生するたびに、奴隷制として南部陣営に入るのか、自由州として北部に加わるのかが問題となり、南北の対立のなかで奴隷たちが振りまわされるという時代が続く。

19世紀初めに、イギリスでもアメリカでも、奴隷貿易は廃止されるが、それは奴隷制の廃止ではなかった。また、密貿易は続いており、闇貿易になった分、奴隷貿易は禁止される前よりも、より大規模に行わるようになったという説すらある。また、イギリスは奴隷貿易を取り締まる名目で、西アフリカ沿岸に軍艦を派遣し、その海域の制海権を握り、西アフリカの植民地化をすすめていく。三角貿易と資本蓄積の時代は終わり、本格的な植民地経営の時代が待ち構えていた。

授業の後半では、アフリカから連れ去られた人びとや、主人の都合で売りに出された奴隷たちが経験した競売台の悲惨について、家族がまとまって売られることはめったになかったこと、なかには思い余って子供を殺す母親もいたことなどを学び、アレックス・ヘイリー原作のテレビドラマ『ルーツ』の続きを見はじめた。来週は続きから。

國學院非常勤、前期第四回目。「1st Year English」は、不定詞の続き。「R&W」は、バラク・オバマ、2008年大統領選勝利演説を読んだ。

それは、学校や教会のまわりに、この国が今まで見たこともないような数で続いている列によって、今回こそは違うはずだ、彼らが声をあげることがその違いになりうるのだと信じているがゆえに、多くが人生で初めて、3時間も4時間も、待ち続けている人々によって、語られる答えである。

それは、若い人も年老いた人も、金持ちも貧乏な人も、民主党員も共和党員も、黒人、白人、ヒスパニック、アジア系、アメリカ先住民も、同性愛者も異性愛者も、障碍者も障碍のない人も--アメリカは単なる個人の集まりでも共和党支持者の多い州と民主党支持者の追い党の集まりでもないというメッセージを世界に発信したアメリカ人によって、語られる答えである。

私たちは今も、これからもずっと、アメリカ合衆国である。

口頭で語られる演説には、同じ内容の言いかえが多いことに注意を促した。また、最初の行の「列」が、投票を待つ列であることを指摘し、黒人の人たちが投票しにくい状況に追い込まれるような状況が現在でさえも続いていることを指摘した。

2017年5月2日(火)

キヨシローの命日。もう8年もキヨシローのいない世界にいるのか。

18268260_1652090718142333_243510756

日本女子大非常勤、前期第四回目。「米文学論文随筆演習」は、前回までの奴隷貿易・奴隷制についての講義を終え、いよいよ、ハリエット・アン・ジェイコブズの奴隷体験記を読み始めた。奴隷の子として生まれたリンダ(ジェイコブズの仮名)は両親と死に別れるといった悲しい出来事はあったものの、母親の乳姉妹である優しい女主人のもとで、何不自由なく暮らしていた。しかし、女主人が亡くなると、リンダは自分が主人の持ち物であることを思い知らされる。女主人が自分を解放してくれるのではないかという期待は裏切られ、リンダは女主人の妹の娘に相続される。女主人の妹はフリントという医者と結婚しており、リンダはやがてこのドクター・フリントから執拗なセクハラを受けることになる。「アカデミック・ライティング」はパラグラフ2の第一稿提出。授業では、所定のパラグラフのサマリーをつくる作業。細かい例までサマリーに入れようとする学生が多い(しかも、一部の例だけを入れる)。主題文、支持文、結論文の内容を簡潔にまとめればいいと教えるが、どうもピンとこない学生も多い。パラグラフのなかに、いくつかの階層があり、サマリーは上層だけすくいあげればいいのだと説明すべきか。

2017年4月27日(木)

「いるか、ニノ?」「多少ね」

首都大非常勤、前期第三回目。マーシャル・スターンズ『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。オール黒人キャストのミュージカル映画『ストーミー・ウェザー』から、ファッツ・ウォーラーが「エイント・ミスヘイヴィン」を歌うシーンを見ながら、授業開始。今回はいよいよテキストの内容に入る。「ステキなオバサマの<ジャズって何ですの、ウォーラーさん?>という質問に答えて、今は亡き偉大なファッツはため息をつきながら、こう答えたことになっている。<奥さま、今になってもおわかりにならないのでしたら、ジャズに首を突っ込むな!>ニューオリンズで聞こうと、ボンベイ(そこでもジャズのようなものを演奏しているのだが)で聞こうと、ジャズは言葉で説明するよりも、存在を認識するほうがずっと簡単である」 ジャズ・ファンの間では有名なファッツ。ウォーラーのエピソードから話は始まる。といっても、事実を証明する人のいない伝説なので、「ため息をついて言ったことになっている」(is supposed to have sighed)という、持って回った言い方になっている。前半が丁寧で、後半手のひらを返したかのように攻撃的になるセリフは、ジャズ・クラブに紛れ込んだ場違いなオバサマに、ファッツが目をグリグリさせながら言いそうなものだ。エピソード自体は、愉快な小話にすぎないのだが、スターンズはそこにジャズの定義しにくさを見出していく。

2017年4月25日(火)

関西と関東で意味が変わる言葉。「ハゲちゃうぞ」

日本女子大非常勤、前期第三回目。「米文学論文随筆演習」は、ハリエット・アン・ジェイコブズの奴隷体験記を読む予定だが、先週に引き続き、奴隷制に関する予備知識を駆け足で。今回はプランテーションでの奴隷の暮らし、奴隷の文化に加えて、法的にも慣習的にもタブーと見なされながら、プランテーションの閉鎖された世界では、奴隷主の欲望を満たし、子どもの奴隷という財産を増やすために、公然の秘密として行われていた人種間の性的関係について、トーマス・ジェファーソンサリー・ヘミングスなどの例を挙げながら概説した。アカデミック・ライティングは、いよいよパラグラフ1の第一稿を提出し、アウトラインの書き方を学んだ。まだ、パラグラフ・ライティングの構成が身についてない学生が多いようだ。

2017年4月24日(月)

「ニコニコたまたまで、待ち合わせね」「二回言わなくてよろしい!」

明治学院非常勤「アメリカ研究」、前期第三回目。前回見始めたアレックス・ヘイリー原作のテレビ・ドラマ『ルーツ』の続きを見たあと、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「400イヤーズ」を聞き、歌に歌われている「400年」とは何の期間のことなのか、またアフリカから遠く離れたジャマイカにウェイラーズのメンバーのような「黒人」がいるのはなぜなのか問うことから、再び奴隷貿易について考えた。三角貿易を概観し、その一角を中間航路の奴隷貿易が占めていること、イギリスのお茶の習慣、産業革命ガンジーの糸車のイメージ、アヘン戦争など多くの出来事がこの巧妙なシステムを軸に展開していることを見た。続いて、年表を紐解きながら、北アメリカに最初の奴隷が陸揚げされたのが、メイフラワー号の到着よりも先であること、ボストン虐殺事件で独立派について戦った人々のなかには、クリスパス・アタックスという自由黒人がいたことを指摘し、アフリカ系アメリカ人の歴史は決してアメリカ史の傍流ではないことを強調。とりわけ、議会という民主主義の根幹をなす制度によって、奴隷制が合法化されていったこと、すなわち民主主義と人種差別が相互補完的に働きながら、アメリカをつくりあげたことを示した。

國學院非常勤、前期第三回目。前回の英語の基本に続き、いよいよ本格的に授業の内容に入る。「1st Year Engllish」は、不定詞。不定詞は「to+動詞の原形」という同じ形でありながら、なぜいくつも意味があるのか?それはどの用法も、もともと動詞だったものが形を変えて、他の品詞として使われるという共通の役割があるからだ。そのことを理解すれば、不定詞がどの用法なのかもおのずと見えてくる。「R&W」は、バラク・オバマの2008年大統領選勝利スピーチを読む。まず、オバマのスピーチをビデオで半分ほど見て、"It's been a long time coming. . . .change has come to America" という一節が、オバマのスローガンであった「チェンジ」と同時に、サム・クックの「チェンジズ・ゴナ・カム」に由来することを話しながら、演説の内容に入っていった。「アメリカがなんでも可能な場所であることをいまだ疑いを持つ人、建国の父たちの夢が現代に生きていることをいまだ疑う人、民主主義の力に疑問を投げかける人がいるなら、今夜こそがその答えだ」演説らしい、言い換えの多い内容で、「いまだに」という言葉がくり返されているところがミソだ。人種差別が酷かった過去はともかく、現在はほら、黒人の私が大統領になったでしょう?これこそが民主主義が生きていることの証明ですよ、と解釈できる。

2017年4月18日(火)

She kissed socks there, cool, cool socks there she kissed.(色即是空 空即是色)

日本女子大非常勤、前期第二回目。「米文学論文随筆演習」は、ハリエット・アン・ジェイコブズの奴隷体験記を読む予定だが、今回と次回は奴隷貿易と奴隷制についての予備知識を駆け足で。今回は、奴隷船の内部の様子、三角貿易、奴隷貿易の歴史などについて話した。「アカデミック・ライティング」は、トピックとトピック・センテンスについて学び、教科書に載っているトピックから、いくつかトピック・センテンスをつくってもらった。トピック・センテンスはspecific すぎず、generalすぎずというのが基本だが、それもパラグラフをどこまで突っ込んだ内容のものにするか、読者がどこまでトピックに詳しいか、などにもよるのでなかなか難しい。

2017年4月17日(月)

ちょっと似てる。「女性専用車」と「ホセ・メンドーサ

明治学院非常勤「アメリカ研究」、前期第二回目。ユッスー・ンドゥール「ネルソン・マンデラ」のライブ動画を見ながら授業開始。奴隷が隙間なくしきつめられた奴隷船の見取り図を入り口に、ジュリアス・レスター奴隷とは』(To Be a Slave、1968)からの引用をはさみつつ、中間航路の奴隷貿易が、人間を商品=モノと見なす特異な残酷さをもっていたことを強調した。さらに、フランス領西アフリカの奴隷集積所として発展したダカール沖の小さな島、ゴレ島を訪れたときの体験に加えて、冒頭に動画を流したユッスー・ンドゥールの発案でつくられた映画『魂の帰郷』(Retour à Gorée、2007)から、アメリカのゴスペル・グループが奴隷小屋を訪れ、祖先の苦しみに思いをはせて即興の歌を歌うシーンを見た。アミスタッド号事件の話をはさみ、アレックス・ヘイリールーツ』(Roots: The Saga of an American Family、1976)を紹介。『ルーツ』のテレビ・ドラマ(最近リメイクされたが、1977年版のほう)から、拉致されたクンタ・キンテが奴隷船の過酷な環境を経験するシーンを見た。

國學院非常勤、前期第二回目。「1st Year English」も「時事英語」も、今回は、SVOCと5文型という英語の基礎をみっちりやった。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31