無料ブログはココログ

2017年6月25日(日)

ふんどし締め直していこう。ふんどしはいてないけど。

共謀罪にしても、秘密保護法にしても、もっともこれを活用するのは、政権が代わっても国の中枢にい続ける官僚だろう。これらの法律を手中に収めた官僚が、アベ政権を支える理由は、もうない。ただし、アベのあとにやってくるのは、はるかに明晰で恐ろしい連中ではないかと思う。それに反対する人を、容赦なく抑え込む手段はすでにそろっている。

2017年6月23日(金)

神奈川大非常勤、前期第八回目。何かと反省の多い一日だった。いつものことだが。帰りの電車で、大学院の後輩、Uさんと遭遇。お互い元気で何より。

2017年6月22日(木)

愛の小売りだ。

首都大非常勤、前期第八回目。『ジャズの誕生』をテキストにしたリーディング3コマ。ニューオリンズの音楽文化において、重要な意味を持つ葬列のサンプルとして、女性歌手ジャニタ・ブルックスの葬儀を収録した動画を見ながら、授業開始。テキストの進み方はクラスによって違うが、ジャズのなかに隠されたポリリズムについて書かれたあたり。「ジャズは伝統的に、採譜上、4分の4拍子もしくは2拍子で近似をとる―実際はもっと複雑なのだが―このマーチのリズムが基本である。それはニューオリンズのブラスバンドの音楽のなかに、はっきりと聞くことができる。しかし、新しい何かが加えられている―その音楽は、スウィングするのだ。そして、この新しい要素がヨーロッパからいたのでないことは明らかである」。次の段落では、これまで「西アフリカ音楽とヨーロッパ音楽がいかに違うか」を力説してきた著者が、「どうやって、またなぜ、ヨーロッパの音楽と西アフリカの音楽は、そんなにも簡単に混ざり合ったのか」という疑問を入り口に、両者の類似性を強調しはじめる。

2017年6月16日(金)

神奈川大非常勤、前期第七回目。ここでも、2回休講の説明とお詫び。

2017年6月13日(火)

電車のなかに、ダリ髭を生やしたおっさんがいた。初めて見た、生ダリ髭。

朝っぱらから、いい曲ができました。「不機嫌そうに」

慰めてほしいとき
オレが慰めてほしいとき
お前はいい顔をせず
黙ってオレを抱きしめる
なあ、そうだろう?

オレが自由なとき
鳥のように自由なとき
お前は不機嫌そうに
黙ってオレを抱きしめる
なあ、そうだろう?

オレが死んだとき
いつかオレが死んだとき
お前は「弱い男だったわね」と
黙ってオレを抱きしめる
なあ、そうだろう?

日本女子大非常勤、前期第八回目。2コマとも2回休講の説明とお詫びから。「米文学論文随筆演習」は、ハリエット・アン・ジェイコブズの奴隷体験記を読む。リンダを自分の部屋に連れ込むために、フリントは幼い娘を利用する。まず、娘を自分の部屋で寝させ、その子守り役として、リンダが必要だという。この計画は、ほどなくフリント夫人に漏れ、激高した夫人によって阻止される。夫人に真相を問いただされたリンダは、フリントのセクハラ行為を打ち明ける。夫人は屈辱に震え涙を流すが、フリントの被害者である奴隷の少女に対する同情はなかった。「アカデミック・ライティング」は、ライブラリー・ツアー。図書館の方からの説明が中心で、最後に少しだけ課題を返す時間を作ってもらった。

2017年6月7日(水)

眼科に行った。まだ、職場復帰の許可が下りず。明日の首都大、明後日の神奈川大も休講にせざるを得ず。土曜のチキリハ(チキリカ・リハーサル)も中止。

2017年6月4日(日)

出演するはずだった荻窪Live Bar Bungaの「ワイワイコンサート」も、結膜炎のため辞退。

「デビュー前のビートルズがキャバクラで演奏していたって本当?」「キャバーン・クラブのことかな?変な略し方するんじゃない」

2017年6月2日(金)

神奈川大も、結膜炎のため休講。

出演予定だった西荻窪Zizi Annablleの20分ライブも、出演を辞退した。

メガネをかけていたのにメガネを探し、あろうことか、メガネのうえから予備のメガネをかけようとするという失態。

2017年5月31日(水)

色恋は、医療行為。

何かと話題の「うんこドリル」、ぼくは支持します。とはいえ、誰もがうんこにひれ伏す世の中を望んでいるわけではありません。うんこを語る楽しさは、「いい大人がうんこではしゃぐな!」など罵られてこそ、いや増すのですから。

今日、再び眼科に行ったところ、右目だけでなく左目も感染し、明日の授業もNG。身体が動くからって、歌なんか作っている場合じゃなかった。かなり厄介なタイプの菌らしい。しばらくは、どなたともお会いできません。

2017年5月28日(日)

グレッグ・オールマンが亡くなった。グレッグが亡くなった日、ぼくは結膜炎で苦しんでいたと覚えておこう。やるせない。

結膜炎が良くならないので、眼科に行きました。受付で症状を話すなり、院内感染を防ぐために、外のイスに隔離されました。そんな深刻な事態とは思いもしなかったので、昨日、OGSで何も考えずに抱き合ったりしていましたが、うつしていたらごめんなさい。目に痒みなどあったら、すぐに眼科に行ってください。猛省中。結局、感染源になることを避けるために、授業もしばらく休講にすることに。多方面にご迷惑をおかけします。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31