無料ブログはココログ

« 2018年6月2日(土) | トップページ | 2018年7月8日(日) »

2018年7月7日(土)

ボブ・ディラン「くにょくにょするなよ」

パーキンソン病になって考えるようになったのは、自由と束縛の矛盾した関係である。神経伝達物質が出なくなるということは、ある意味、身体が脳の支配から解放されることであると言えるかもしれない。しかし、その結果、身体が感じているのは、どうにもならに不自由さだ。方向性を見失った身体は、ばらばらになりそうな感覚を覚えつつ、後ろから見えない何かに羽交い絞めにされいているような束縛を感じる。ときどき、「うわああ」と叫んで振り払いたくなるのだが、もちろん、そんなことをしても何も変わらない。自由はある統率のもとに構成されて、初めて存在するのだなと思う。だからといって、全体主義に鞍替えするわけではないが。

« 2018年6月2日(土) | トップページ | 2018年7月8日(日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/66915444

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年7月7日(土):

« 2018年6月2日(土) | トップページ | 2018年7月8日(日) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31