無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月2日(土)


昨日つくった「白髪紳士」の編曲ヴァージョンをつくってみました。


太田真人さんとのユニット「ビリビリ・バンド」で、西荻窪Zizi Annabelleに出演しました。演目は、「いつ死んでもいいように」「カワイイ子猫ちゃん」「お化粧」「煙草屋のお嬢さん」「すっぽんぽん節」。先日のビリビリナイトで、ひらげがコーラスをとれなくなった太田さんとの共作曲「お化粧」は、散々練習したにもかかわらず、やはりコーラスが取れなくなり、最初からやり直して、ようやく成功。その分、予定していた「最後の日」を省くことになりました。トホホ。でも、やり直した「お化粧」はなかなかよかったので、良しとしよう(前向き)。共演者の皆さんからは、自分の音に対するこだわりが感じられました。木下純さんのとつとつとしたガットギターの調べ、プラス・ワン・スタイルのギター、岸さんのタッピングとオープン・チューニングによる独自のスタイル、そして、ループ・マシーンを使いながら、暖かい歌空間を広げていく井形大作さん。勉強になりました。

2018年6月1日(金)

そのまま回文。身も心も→もろココも身

神奈川大非常勤、第六回目。まずは、前回休講を謝罪。前回やるはずだった、thatの区別のテストをやった後、教科書のテキスト解析。


行きつけのバーの常連さんに関する妄想を歌にした「白髪紳士」、完成。


彼の髪は黒く
闇を飛ぶカラスのよう
悲しそうな瞳で男は
黒髪を帽子の下に隠す

まだだ まだ まだだ

帽子の下から漏れる
シューシューと言う音が
化学反応を期待させ
男は静かに笑う

ハハハ

I'll be back
もうすぐだ

バーに現れた彼は
帽子をとりあいさつする
雪のように白い髪は
期待を裏切らない
白髪紳士の登場だ!(あ、白髪紳士だ!)
白髪紳士の登場だ!(白髪紳士だ!)
何て白い髪!(なんて白い・・・なんて白い)
白髪紳士の登場だ!

そして

夜半過ぎ 髪が夜の闇に染まる前に
彼はそっと帰っていく
おだやかな笑顔を残して
白髪紳士が消える前に

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30