無料ブログはココログ

« 2017年9月10日(日) | トップページ | 2017年9月12日(火) »

2017年9月11日(月)

お絵描きが止まらない。

21615999_1828309970520406_384129694
今日のお絵描き①。カワイコちゃんを描く喜びパート4。

21430410_1828381047179965_244188684
今日のお絵描き②。ジョン・ベルーシ

21558964_1828505737167496_383924680
今日のお絵描き③。センベーヌ・ウスマン

21558767_1828709393813797_728902004
今日のお絵描き④。アルバート・コリンズ

16年前、双子のビルが崩れ落ちたとき、世界のどこかに、憎悪が存在するという事実に多くの人が気づかされた。テロ行為は、結局、苛烈な報復しか生み出さなかったし、踏みつけにされてきた人たちですら、あのような惨事を望んでいたわけではない。しかし、憎悪の存在を知らしめることが、テロリストたちの目的だったとすると、彼らは作戦に成功したことになる。そして、その「成功」が、あちこちで踏みつけにされてきた人々の感情と通じ合うものがあることを明らかにしてしまった。オレはここにるぞ。踏みつけられたものの憎悪が、俺の存在を証明しているぞ、と。テロ行為がますます苛烈さを増していくのには理由がある。暴力が苛烈であればあるほど、自らの存在を証明する憎悪の強さが誇示されるからだ。経済的な援助によって、生きる手段を提供するだけでは、おそらく憎悪はなくならない。問題は「生きる手段」ではなく、「生きる目的」が見いだせないことにあるからだ。憎悪のなかにしか、生きる価値を見出せない人たちが、平和に自らの存在を証明するにはどうしたらいいのだろう。

21558879_1829100483774688_6941767_2
今日のお絵描き⑤。ウディ・ガスリー

サン・ハウスの伝記(Daniel Beaumont, Preachin' the Blues: The Life and Times of Son House )を読んでいる。いろいろと面白い。

まずは、サン・ハウスの劇的な「再発見」から。消えゆくブルースをメインストリームの音楽ビジネスのなかに掬いあげる「再発見」が、ブルースを周縁化する白人中心的な試みであったとしても、3人の若者がサン・ハウスというひとりの黒人を探してミシシッピをうろうろしていた1964年、同じミシシッピで同じ年輩の公民権運動家が3人殺されていることを考えれば、「再発見」のためのフィールドワークが、危険を伴うものであったことがわかる。もっとも、探索者たちは勇気をもってというよりも、熱に浮かされるようにして、旅に出たのだろうが。

若いころのハウスが、教会にどっぷりつかっていて、「悪魔の歌」であるブルースを嫌っていたというのも、聞いてはいたけれど、予想以上である。まだ経験していない信者が、宗教的な目覚めを待つ気持ちが、セックスがどんなものか想像する童貞の気持ちにたとえられていて、ちょっと笑った。ラングストン・ヒューズの自伝『ぼくは多くの川を知っている』(木島始訳、河出書房新社、1972、The Big Sea、1940)のなかに、少年時代のヒューズが、周りの大人の期待を一身に受けながら、どうしても「目覚める」ことができず、悩むシーンがあった(ヒューズとハウスは、二人とも1902年生まれ)。

音楽的には、教会の音楽に当然、深い影響を受けはずだが、一方で、父親やオジがブラスバンドをやっていたというから、プリ・ジャズ的な音楽にも接していたことになる。もっとも、ハウスはブラスバンドはあまり好きではなく、ギターに興味があったようだが。ちなみに、靴磨きをしていたときに、ルイ・アームストロングの靴を磨いたというエピソードが紹介されていて、この時代の、ブルースとジャズの距離感というのはどのようなものだったのか、気になるところ(サッチモはハウスの1歳年上)。

今日は、最初の結婚の話まで。ハウスは19歳の時に、32歳のキャリー・マーティンという女性と結婚している。ゾラ・ニール・ハーストン『彼らの目は神を見ていた』のティー・ケイクを地で行っていたんだな。最近、若いころの写真が公表されたけれど、イケメンだもんなぁ。この年の離れた結婚に家族は反対し、結婚式にも出席しなかった。ハウスの従弟フランクと、ハウス夫妻は、キャリーの地元で暮らしはじめるが、妻の目的が自分を父親の農園で働かせることなのではないかと、ハウスが疑い出したために、結婚は破綻してしまう。

さあ、これから、ハウスがどのようにして、ブルースにのめり込んでいくのか。楽しみ。

« 2017年9月10日(日) | トップページ | 2017年9月12日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/65778484

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年9月11日(月):

« 2017年9月10日(日) | トップページ | 2017年9月12日(火) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30