無料ブログはココログ

« 2017年7月19日(水) | トップページ | 2017年7月21日(金) »

2017年7月20日(木)

首都大非常勤、前期第十一回目。マルチニークのミュージシャン=カリの『ラシーヌ』を聞きながら、授業開始。テキストは、カリブ海を横目に見ながら、ニューオリンズの複雑な歴史を辿る。「最初の46年間、ニューオリンズはフランス領で、今日まで続く慣習が確立された。町は1764年、フランスからスペインへ割譲され、次の36年間、スペイン人が統治した。にもかかわらず、ニューオリンズは考え方や感じ方において、フランス的なままだった。この段階では、それはフランス領西インド諸島に似ており、音楽はおそらく現在のマルチニークやハイチのモノに似ていた。大きな変化は、政治的にも経済的にも、世紀の変わり目にやってきた、1800年、ナポレオンが(ニューオリンズを含む)領土をフランスへ返すようスペインに迫り、3年間、ニューオリンズの誰も、町がフランスに属するのか、スペインに属するのか確信が持てなかった。それから、1803年、ナポレオンはその領土をアメリカ合衆国に売った」

« 2017年7月19日(水) | トップページ | 2017年7月21日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/65656778

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年7月20日(木):

« 2017年7月19日(水) | トップページ | 2017年7月21日(金) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30