無料ブログはココログ

« 2017年5月24日(水) | トップページ | 2017年5月26日(金) »

2017年5月25日(木)

中学のクラブ活動に「旅行計画クラブ」というのがあって、つまり、地図や時刻表と首っきりで計画した旅行を想像するだけの集まりで、ずいぶんマニアックな、と思ったものだが、事の良し悪しに関わらず、そういう人たちは少なからずいる。

首都大非常勤、前期第六回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。ジンバブエで撮ってきたレジナルドと友人たちがムビラの演奏をするビデオを見ながら、授業開始。一応、ポリリズム的な音楽ということだが、何としても学生に見てもらいたかったのだ。テキストの内容は、アフリカ音楽が西洋の楽譜には収まりきらないことを論じた部分。「その音楽は、ポリリズム的である。すなわち、2つ以上の別のリズムが同時に演奏される。(リズムの数は)5つや6つになるかもしれない。西アフリカ音楽の共通の基盤は、4分の3、8分の6、4分の4の拍子記号の組み合わせである。それはあたかも、オーケストラが同じ曲を、ワルツ、ワンステップ、フォックストロットとして演奏するようなものである—それもすべて同時に。そして、もちろん、歌や手拍子足拍子がさらなる音楽の複雑さを加える」「高度に訓練されたクラシックの音楽家には、この西アフリカ音楽は混沌のように聞こえるかもしれない。というのも、西アフリカ人は楽譜を持っておらず―彼らは耳で聞いて覚えて演奏する―ヨーロッパの採譜法における小節線のような規則的なものには従わない。実際、われわれの基準のひとつから見ると、彼らのリズムは途中で変わってしまうように思え、それが音楽学者が(西アフリカ)リズムを書き留めようとするときに、つまずきの石となる」

« 2017年5月24日(水) | トップページ | 2017年5月26日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/65364097

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月25日(木):

« 2017年5月24日(水) | トップページ | 2017年5月26日(金) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31