無料ブログはココログ

« 2017年5月17日(水) | トップページ | 2017年5月19日(金) »

2017年5月18日(木)

「ご購入のさいは・・・」「サイ?サイを買ったの?」「ご・こ・お・にゅ・う・の・さ・い・は」「おニューなの?おニューのサイなの?」「ごこ・・・」「さっきから気になってたけど、サイなら五個じゃなくて、五頭でしょう?」「だから、サイじゃないの!」「サイですか、ほなサイなら」

首都大非常勤、前期第五回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。テキスト中、ジャズのルーツとしての西アフリカ音楽に関連して、ダオメーの儀式の話が出てくるので、ダオメーの古都アボメーで撮影されたドラム・アンサンブルのビデオを見ながら、授業開始。「ダオメーの部族の儀式を取り上げてみよう。音楽家がガラガラや、鐘やその他の打楽器を叩く一方、部族の人たちが踊ったり、歌ったり、手を叩いたり、足を踏み鳴らしたりする。しかしながら、メインとなる楽器は太鼓 ― ふつうは音楽学者に「太鼓の聖歌隊」として知られている3つの太鼓のセット ― である。なぜなら、神が太鼓を通じて話し、踊り手たちは太鼓と面と向かい、部族の人たちがその周りに円を作るからである。/ピークに達すると、その音は無秩序な空気圧縮ドリルの組み合わせのように思えるかもしれない」 「部族」という言葉は差別的なニュアンスがあるので、ぼくは使わない、と改めて断ったうえで、太鼓が神聖な楽器であること、それぞれに神が宿る3つの太鼓の組み合わせが一般的であることなどについて話した。そう言えば、先日チキリカにゲスト参加していただいたケペル木村さんも同じことを言っていた。ボンゴやコンガのようなラテン系のパーカッションももともとは、独立した3つの太鼓だったらしい。テキストはこのあと、ポリリズムの話になるので、簡単に8分の12拍子のポリリズムについて説明。いったい、何の授業だ。

« 2017年5月17日(水) | トップページ | 2017年5月19日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/65344592

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月18日(木):

« 2017年5月17日(水) | トップページ | 2017年5月19日(金) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31