無料ブログはココログ

« 2017年5月14日(日) | トップページ | 2017年5月16日(火) »

2017年5月15日(月)

衝撃の新解釈。「あなたかわりはないですか」=どうしても別れるっていうなら、他のオトコ、紹介しなさいよ。

明治学院非常勤、前期第五回目。前回に引き続き、アレックス・ヘイリー原作のテレビドラマ『ルーツ』を見る。今回は、農場主ジョン・レイノルズに買われたクンタ・キンテが、様々な経験の末、逃亡を試みるが、失敗して鞭打たれるところまで。鞭打たれても、「トビー」という奴隷の名前を拒否し続けるクンタ・キンテ。ついに名前を受け入れたクンタのもとにかけつけたフィドラーが、「やつらはお前に勝手な名前をつけた。だが、お前はいつだってクンタ・キンテだ。いつかいい日が来る」というシーンでは、やはり泣きそうになってしまった。映画の内容を受けて、いくつかのポイントについて解説をした。

クンタの教育係フィドラーの印象が、だいぶ変わったという学生もいた。奴隷の身分に甘んじていたフィドラーも、自由を求めるクンタの姿勢に打たれて考えを変えた、と。もちろん、そういう面もある。ただ、フィドラーは最初から奴隷であることに納得はしていない。クンタと違って、奴隷として生まれたフィドラーは自由を経験したことがない。マルコムXに言わせれば、フィドラーは、白人の家に住み、白人のお下がりを着て、白人の残り物を食べる、白人に同化した家内奴隷のひとりなのだろう。しかし、マルコムは話を単純化している。家内奴隷は、白人に同化していたわけでも、野外奴隷と対立していたわけでもない。フィドラーがそうしていたように、白人の台所から食べ物をくすねてくるのは家内奴隷だったし、主人とともに旅をすることの多かった御者などの家内奴隷は、黒人コミュニティに必要な情報をもたらした(例えば、「アボリッショニストっていう人たちがいて、オレたちを逃がしてくれるらしい」とか)。

今回見たところで、焦点となる問題のひとつが、名前である。ドラマは、奴隷主が勝手につけたファースト・ネームをアフリカ出身のクンタ・キンテが拒否するという話だったが、姓についても同じようなことが言える。奴隷は奴隷主の姓を名のったため、別の奴隷主に売られれば、姓が変わった。ばらばらに売られれば、当然、家族でも別の姓になる。こうした「奴隷主」の名前を捨て、もはや知ることのできないアフリカ名の代わりに、未知数のXを名のろうと呼びかけたのが、マルコムXが所属したネイション・オブ・イスラム(NOI)である。スパイク・リー監督の映画『マルコムX』(後期の授業で見る予定)で、収監されたマルコムが囚人番号を答えることを拒否するシーンは、NOI入信の伏線であると同時に、クンタ・キンテへのオマージュなのかもしれない。

黒人女性の置かれた立場も、生々しく描かれていた。女性の奴隷は、男性の奴隷が味わう苦しみに加えて、レイプやセクシャル・ハラスメントといった女性特有の苦しみも味わうことになった。『ルーツ』のなかでは、奴隷監督のエイモスだが、実際にはレイノルズのような奴隷主も、しばしば、奴隷の女性を相手に性的な欲望を満たした。奴隷主の立場からすると、性的欲望を満たした上に、生まれてきた子供は奴隷という財産になる。生まれてきた子供の多くは、主人の都合で売られていき、奴隷の女性は子供との別れという苦しみをも味わうことになった。このことは、何回かあと、「人種間結婚」の項で扱う。

奴隷監督エイモスの存在にも注目しておこう。「奴隷同然で7年間働いた」というのは、彼が年季奉公人であったことを示している。年季奉公人とは、本国で集めた労働者に、アメリカへの渡航費と仕事を与え、決まった期間無償でj働かせるもので、アメリカの開拓は当初、彼らに頼るところが大きかった。しかし、白人の年季奉公人は、逃亡すれば身分がわからないし、期間が終われば解放される。そのため、アフリカ人奴隷が導入されると、アメリカ奴隷労働の主流はアフリカ人奴隷に移行していった。やがて元年季奉公人を含む白人貧困層(プア・ホワイト)の多くは、黒人を自分たちの下に位置付けることで、心理的な安定をえるようになっていく。

このあと、ジュリアス・レスター『奴隷とは』などから、奴隷の証言を引用して、プランテーションの劣悪な状況を概観した。もちろん、状況は農場によって大きく違っただろう。しかし、憶えておかなければならないのは、仮に「良い農場」「良い主人」があったとしても、奴隷たちにはそれを選ぶ権利がなかったということである。

國學院非常勤、前期第五回目。「1st Year English」は動名詞。動名詞は名詞の働きをする→主語、目的語、補語、前置詞の後に入る、と一歩踏み込んで考えることによって使える知識になる、という神奈川大で教えたのと同じポイント。「R&W」は、バラク・オバマ2008年大統領選勝利演説を読む。演説で引用されていたサム・クック「チェンジズ・ゴナ・カム」を聞きながら、授業開始。オバマの登場が、政治的な無気力状態に置かれていた人々に希望を与える、感動的な一節だが、再履修の学生には難しすぎたかもしれない。「それは、長い間、我々が達成できることについて、冷笑的で、びくびくと、疑い続けるよう言われ続けてきたひとたちに、歴史の弧に手をかけ、もう一度より良き日の希望へと引き寄せるよう促す答えである。長い時間がかかりました。しかし、今夜、今日、この選挙で、この決定的瞬間に、私たちがしたことゆえに、ついに変化は来たのです」

« 2017年5月14日(日) | トップページ | 2017年5月16日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/65306645

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月15日(月):

« 2017年5月14日(日) | トップページ | 2017年5月16日(火) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31