無料ブログはココログ

« 2016年5月10日(水) | トップページ | 2017年5月12日(金) »

2017年5月11日(木)

ウクライナで、いくらナウ。

首都大非常勤、前期第四回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。ルイ・アームストロングの歌う「(ホワット・ディドゥ・アイ・ドゥ・トゥ・ビー・ソー)ブラック・アンド・ブルー」を聞きながら授業開始。本当はYouTubeにアップされていた1965年パリでのライブ動画を紹介しようと思ったのだが、DVDがプレイヤーに拒否されたため、念のため持って行ったCDで音だけ。前回、紹介したファッツ・ウォーラーのつくったこの曲、陽気なエンターテイナーのイメージとは真逆の、差別されるものの苦悩を歌った重苦しいブルースだ。ラルフ・エリソン『見えない人間』のなかに、主人公がルイ・アームストロングのこの歌を聞くシーンがある。無邪気にも聞こえる歌の下に幾重にも広がっている、「見えない人間」にしか見えない「地下世界」を描いているのだが、そのことを説明しているうちに、ボールドウィン『もう一つの国』で、ルーファスがサキソフォン奏者の演奏のなかに「愛シテクレルカ?」という悲痛な叫びを聞き取るシーンとごっちゃになってしまったようだ(ダメじゃん!)。次回以降、整理して訂正しなければ。もっとも、二つのシーンには共通するものがある。表面的な陽気さの裏に潜む、「見えない人間」の苦悩。だから、本当は動画で、サッチモが満面の笑みを見せて歌い始めたり、目を見開いたりする姿を見て、その裏にある何かを感じてほしかった。

テキストは、「仮にジャズをヨーロッパ音楽と西アフリカ音楽という二つの偉大な音楽的伝統が、アメリカ合衆国で300年にわたって混ざり合った結果と定義してみよう。すると、ヨーロッパのモノが支配的な音楽文化にあって、ジャズを他とは少し違う、すぐに見分けのつくものにしている特質は、西アフリカと関係があるということになる。/ジャズと西アフリカ音楽の関係は何だろう?おそらく、もっとも明白な共通点はリズムである。西アフリカの部族民がジャズを好きになるということではない。混淆が進みすぎていて、好きになれないだろうから」 ぼくは差別的なニュアンスのある「部族」という言葉は使わないが、ここでは原文に出てくるので、注意を喚起しつつ、そのままにした。

« 2016年5月10日(水) | トップページ | 2017年5月12日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/65304642

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月11日(木):

« 2016年5月10日(水) | トップページ | 2017年5月12日(金) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31