無料ブログはココログ

« 2016年11月27日(日) | トップページ | 2016年11月29日(火) »

2016年11月28日(月)

同じよ。オラ、平尾吉直(回文)。

明治学院非常勤「アメリカ研究」、前期第十回目。前回に引き続き、スパイク・リー監督の映画『マルコムX』を見る。今回は、ネイション・オヴ・イスラムの信者となったマルコムが、のちに妻となるベティ・シャバーズとの運命的な出会いを果たすまで。

國學院非常勤、後期第九回目。6限は、『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング。授業の内容とはあまり関係ないが、チャールズ・ミンガス「ハイチの闘いの歌」を聞きながら、授業開始。テキストの内容は、アイルランド人作家トーマス・アシェの旅行記からの引用。ニューオリンズの人びとを民族ごとに4+1の階層に分け(+1は黒人)、それぞれ経済的にどんな役割を担っているか、コメントしている。「町の交易は、ほとんどが4つの階層の人たちによって執り行われていた。ヴァージニア人とケンタッキー人は仲介斡旋業を支配し、スコットランド人やアイルランド人は、あらゆるまともな輸出入業を手中に収め、フランス人は武器庫や倉庫を経営し、スペイン人は雑貨商、キャバンツ(←意味不明)、最低レベルの居酒屋といった小売業をやっている。黒人や自由黒人もまた、さらに小規模な店を持ち、商品や果物を売っている」 黒人の経営する「さらに小規模な店」というのは、おそらく道端に商品を広げた露店のようなものではないか。話はこのあと、もともとニューオリンズの支配者だったフランス人やスペイン人が経済的な階層において、下に位置付けられるようになったのはなぜなのか、という方向へ向かう。

7限は、バラク・オバマ、2008年大統領選勝利演説を読む。今回はアレサ・フランクリンの歌う「ア・チェインジ・イズ・ゴナ・カム」を聞きながら、授業開始。スピーチの内容は、大統領選の勝利を会場の支持者に捧げる部分。「しかし、何よりも、わたしはこの勝利が本当は誰のものなのかを決して忘れません。それはあなた方のものです。あなた方のものです。わたしは決して有力な大統領候補ではありませんでした。私たちはたくさんの資金、多くの支持を得て始めたわけでもありませんでした。わたしたちの選挙運動は、ワシントンのホールで計画されたわけではありません。それはデモインの裏庭、コンコードの居間、チャールストンのフロント・ポーチで始まったのです」 ワシントンの外部者でであることを強調する典型的な物言いだが、これがのべ数十年政治の中枢にいるヒラリー・クリントンには使えなかったのだ。

« 2016年11月27日(日) | トップページ | 2016年11月29日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/64575889

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月28日(月):

« 2016年11月27日(日) | トップページ | 2016年11月29日(火) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31