無料ブログはココログ

« 2016年11月14日(月) | トップページ | 2016年11月16日(水) »

2016年11月15日(火)

クサヤって、自ら臭いって認めてるところが、潔いよな。

日本女子大非常勤、後期第九回目。3限、「米文学随筆評論演習」は、ハリエット・アン・ジェイコブズの奴隷体験記を読む。祖母の家の屋根裏に身を隠したリンダ(ジェイコブズの仮名)は、壁の隙間から見える景色を見て、季節の変化を知り、いつまで閉じ込められていなければならないのかと考えて憂鬱になる。屋根裏の状況は酷いものだったが、フリントとの関係を疑われた女奴隷が子供もろともジョージアに売られたり、フリント夫人の子供の乳母だった奴隷が些細なことから鞭打たれ、川に身を投げて命を絶ったことを知り、自分のほうがまだましだと思う。しかし、2年目の冬はさらに厳しく、運動不足から麻痺した身体は、寒さから痙攣するようになり、ついには口もきけなくなってしまう。医者を呼べるような状況ではなく、看病する家族によって、顔に水をかけられ、意識を取り戻すが、やがて、心労から祖母が倒れてしまう。ドクター・フリントの往診もあって、祖母は息を吹き返し、祖母が自分のせいで死んだという罪の意識をもたずにすんだことを、リンダは神に感謝する。

4限、「アフリカ研究」は、文学とビアフラ戦争を中心に、ナイジェリア南東部の歴史と文化について。最初に、前回少しだけ触れたパームワイン・ミュージックを改めて紹介して、シエラ・レオネのS・E・.ロジーの動画、さらにイボ人のハイライフを代表するミュージシャンのひとり、オリヴァー・デ・コッケの動画を見た。

まずは、イボ人出身で、「アフリカ文学の父」とも言われる小説家、チヌア・アチェベを、代表作『崩れゆく絆』(1958)を中心に紹介。植民地時代初期のイボ人コミュニティを舞台に、村の英雄オコンクウォと、借金まみれの父ウノカ、気弱な息子ンウォイェの親子三代にわたる葛藤と、ヨーロッパ人の侵入によるコミュニティの変化から取り残されれたオコンクォの悲劇を描く。オコンクウォは人付き合いの良い怠け者だったウノカに対する反発から、優しい感情を見せることを極端に恐れている。そんな彼を父と呼ぶ人質の少年イケメフナを、処刑する神託が下される。処刑に同行したオコンクウォは、イケメフナが「父さん、ぼく殺される!」と叫ぶのを聞いて、パニックになり、自ら少年を斬り殺してしまう。ンウォイェは兄と慕っていたイケメフナの殺害に、父が手を下したことを悟り、父が忌み嫌うキリスト教に身を投じる。

やがて、ヨーロッパ人に迎合する村のなかで、オコンクウォは孤立し、自殺することになるが、そうした選択をさせるメンタリティが、こうした親子の葛藤のなかで形成されているのが、この作品のミソである。そのことによって、オコンクウォという人間が植民地の歴史に位置付けられるのではなく、植民地主義が親子の葛藤を通じて受け継がれてきたアフリカの歴史に位置付けられることになるからだ。

続いて、多元主義と個人主義によって特徴づけられるイボ人の世界観について、ひとりひとりが持っている神「チ」や、「何かが立つとき、そのそばには必ず別の何かが立つ」といった諺、太陽の女神アナに捧げる儀式ムバリで建設されるアナの宮殿に収められた現代的な風物を模した像などに触れながら、簡単に紹介。さらに、石油資源をめぐる権益とイボ人の虐殺をきっかけに、東部州がビアフラ共和国として独立を宣言してはじまったビアフラ戦争の悲劇について、話した。ビアフラ戦争を描いた戦後世代の作品として、チママンダ・ンゴズィ・アディチェの小説『半分のぼった黄色い太陽』(2007)を紹介。さらに、連邦政府とイボ人の争いの間で抑圧されてきた少数民族オゴニ人出身で、オゴニランドからの石油資源略奪と環境汚染を告発して、処刑されたケン・サロ=ウィワと、兵士として参加した少年の立場から戦争を描いた小説『ソザ・ボーイ』(1985)を紹介した。

6限、「アカデミック・ライティング」。いろいろ修正しなければならない点はあるものの、それぞれのエッセイが形になってきた。

« 2016年11月14日(月) | トップページ | 2016年11月16日(水) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/64517678

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月15日(火):

« 2016年11月14日(月) | トップページ | 2016年11月16日(水) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30