無料ブログはココログ

« 2016年10月15日(土) | トップページ | 2016年10月18日(火) »

2016年10月17日(月)

今日は足に力が入らん。

明治学院非常勤「アメリカ研究」、後期第四回目。前回に引き続き、第一次世界大戦後のショービズを主な舞台に、当時の黒人エンターテイナー総出演でつくられたミュージカル映画『ストーミー・ウェザー』(1943)を見た。レナ・ホーン(ちょー美人!)やニコラス・ブラザーズ(超絶的に素晴らしい!)は映画公開当時の新しいスターだけど、ビル・ロビンソンファッツ・ウォーラーキャブ・キャロウェイら、1920年代から活躍している黒人エンターテイナーが、その芸を惜しみなく披露している。また、ハイチのヴードゥーを調査しながら、アフリカ系アメリカ人のバレーを確立したキャサリン・ダーナムの一座が出演しているのも、注目に値する。学生には、ハーレム・ルネサンスを動かしていた3つの傾向 ― 「白人並み」「洗練」を目指す黒人ブルジョワジー、「野蛮」「未開」なイメージを求める白人パトロン、フォークロアをもとに自分たちの表現を模索する若い黒人芸術家 ― がどこにあらわれているか、注意して見るように示唆した。3つの傾向は、べつべつにあらわれるとは限らない。例えば、劇中、チック・ベイリー劇団の舞台は、白人パトロンの期待する「野蛮」「未開」イメージを振りまいているが、一方でベイリーはそんな自分の舞台を「洗練された(classy)」なショーと言ってはばからない・・・映画のあと、ハーレム・ルネサンス期の文学の話に移り、ジーン・トゥーマーと『砂糖きび』(1920)について、話した。狂おしいほどに切なく、美しい作品。

國學院非常勤、後期第四回目。6限、『ジャズの誕生』をテキストにしたリーディングは、いつも音楽を聴きながら始めるのだが、今日は教員室にCDを置いてきてしまい、静かなスタートになってしまった。パーキンソン病の症状が最悪で、取りに帰るとだいぶ時間をとられそうだった。内容は、前回に引き続き、ニューオリンズの歴史。「ときに、ニューオリンズの音楽のパターンは、西インド諸島の様々な島々のそれに似ていた。しかしながら、西アフリカ音楽とヨーロッパ音楽が混ざり合う組み合わせとタイミングは独特で、新しい音楽の誕生につながった。というのも、ニューオリンズの環境は、合衆国の残りの地域のそれとは決定的に違ってたからである」「その最初の46年間、ニューオリンズはフランス領で、今日まで続く慣習が確立された」 

7限「時事英語」は、バラク・オバマ、2008年大統領選勝利演説を読む。サム・クック「チェインジズ・ゴナ・カム」を聞きながら、授業開始。スピーチのなかに、歌詞を連想させる一節が出てくる。内容は、オバマの大統領選勝利が意味する「答え」についてくり返し語っていく。「それは若いものと年老いたもの、富めるものと貧しいもの、民主党員と共和党員、黒人、白人、ヒスパニック、アジア系、アメリカ先住民、同性愛者、異性愛者、障害を持つもの、持たないもの ― われわれが単なる個人の集まりでも、共和党支持が多数の州(赤い州)と民主党支持が多数の州(青い州)の集まりでもないというメッセージを世界に向けて送るアメリカ人によって語られる答えなのだ」「私たちは今も、そしてこれからもずっと、アメリカ合衆国である」「それはあまりにも長い間、あまりにも多くの人に、達成できることについて、冷笑的で、びくびくして、疑い深くあれと言われ続けてきた人たちを、歴史の弧に手をかけ、より良い日という希望に向かってもう一度引き寄せるよう導く答えなのだ」「長い時間がかかった。しかし、今日、この選挙、この決定的瞬間に、われわれがしたことゆえに、今夜、ついにアメリカに変化の時がやってきたのだ」 言うまでもなく最後の段落は、オバマのトレードマークである「チェインジ」に言及していると同時に、「チェインジズ・ゴナ・カム」の歌詞「長い時間がかかっているけど、いつか変わる日が来る」を連想させる。この一節を聞いて、オールドR&Bファンは涙せずにはいられなかったのだ。

« 2016年10月15日(土) | トップページ | 2016年10月18日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/64387077

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月17日(月):

« 2016年10月15日(土) | トップページ | 2016年10月18日(火) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30