無料ブログはココログ

« 2016年10月14日(金) | トップページ | 2016年10月17日(月) »

2016年10月15日(土)

ラッパはバンドを温める‥「保温セクション」

自由ヶ丘マルディグラに、ひらげエレキテルとして出演して、7曲歌ってきました。演目は、「ワルツ」「こども魂」「行こうよ」「かわいい子猫ちゃん」「まあるいお月さま」「ラーメンブギ」「最後の日」。にゃんにゃんやラーメンで盛り上がってくださったみなさん、ありがとうございました。素晴らしいミュージシャンにお褒めの言葉もいただき、自分のお客はいないのに、舞い上がってしまいました。

理由あって、馬頭琴奏者フルハシユミコさんの企画と、「勝手にサザンナイト」の共同開催となった今回のライブ、結果として、素晴らしいミュージシャンが次々と登場するプチフェス状態となりました。前半は、ひらげをライブに誘ってくださったフルハシユミコさんの企画。フルハシさんの馬頭琴やモンゴルの歌は、細胞が震えるような響き。身体のなかで何かの組成が変わるような。マンドリンとギターでブルーグラスを演奏するホーリー・タンゴは、メンバーの名前をつないだユニット名のセンスの良さもさることながら、この種の音楽に秘められた暗い物語を感じさせる素晴らしい演奏。かっこいい。

後半は、「勝手にサザンナイト」組。弾けるようなローリング・ピアノを弾きながら、ユニークなオリジナルを歌うアノアさんと、スネア、バスドラとシンバルというシンプルな構成のドラムでごきげんなビートをたたき出すペロさんのデュオ=アノアとペロは、いっぺんでファンになりました。そして、トリのThe Hot "Gris-Gris" Cake は、オリジナルメンバー3人に加え、ベース、チューバ、女性ヴォーカルをゲストに、ぐいぐいお客をのせていきます。スライの「サンキュー」が水前寺清子「ありがとうの歌」に変わる展開には、ひっくりかえりました。メンバーがそれぞれに個性ある佇まいを持っているところがステキ!

素晴らしい一夜でした。

« 2016年10月14日(金) | トップページ | 2016年10月17日(月) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/64360396

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年10月15日(土):

« 2016年10月14日(金) | トップページ | 2016年10月17日(月) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30