無料ブログはココログ

« 2016年9月25日(日) | トップページ | 2016年9月27日(火) »

2016年9月26日(月)

アフリカの太鼓と、ヨーロッパの弦楽器が、アメリカ大陸で出会った、波乱バンジョーな歴史。

14390979_1351053794912695_606790304

明治学院非常勤「アメリカ研究」、後期第一回目。イントロダクションとして、20世紀以降のアフリカ系アメリカ人の歴史・文化を扱う後期の内容を概観。20世紀初頭を代表する指導者ブッカー・T・ワシントンW・E・B・デュボイスの対比にはじまり、第一次大戦をはさんで、20年代のハーレム・ルネサンスとその終焉、30年代の大恐慌を受ける形で登場したフランクリン・ルーズベルト大統領のニュー・ディール政策(弱者救済的な経済政策と人種差別撤廃により、黒人の支持は「リンカーンの党」共和党から、ルーズベルトの民主党へと移った)。50年代に公民権運動が盛んになり、ブラウン判決によって、公教育における人種隔離が違憲とされる(プレッシー対ファーガソン判決の「分離すれども平等」の撤廃)。根強い人種差別に対し、大衆動員による直接行動で対抗したマーティン・ルーサー・キング・ジュニアと、非暴力不服従のキング師とは対照的に、自衛の権利を主張したマルコムXスパイク・リー監督の映画『マルコムX』を見る)。さらに、公民権運動の時代を象徴する音楽として、ソウル・ミュージックを取り上げる。

國學院非常勤、後期第一回目。6限「英語Ⅱ」は、『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング。予備知識として、ニューオリンズがジャズ誕生において大きな役割を果たした理由について(①南北戦争後、北軍が置いていった管楽器があふれていた、②フランス・スペイン領時代にある程度の地位を持っていた混血の人たちが獲得した西洋音楽の知識を持って没落し、③フランス・スペイン領時代の名残で、演奏が許されていたコンゴ広場のアフリカ音楽と混ざり合った、④ストーリーヴィルという巨大な歓楽街=売春街があった)。7限「時事英語」は、バラク・オバマの大統領就任演説を題材に、リーディングとリスニング。予備知識として、ケニア人留学生の父と、白人の母の間に生まれたオバマの文化的背景について話した。どちらの授業も後半で、下記の4つの文を訳しわける問題を通じて、英語は日本語と違って、語順が重要であることを強調。来週は、教科書に入る前に、英語の基本、SVOCと5文型について勉強し、それをツールとして、それぞれのテキストに取り組んでいく。

I found an easy book.

I found the book easy.

I found the book easily.

I found him an easy book.

« 2016年9月25日(日) | トップページ | 2016年9月27日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/64268681

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年9月26日(月):

« 2016年9月25日(日) | トップページ | 2016年9月27日(火) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31