無料ブログはココログ

« 2016年6月19日(日) | トップページ | 2016年6月21日(火) »

2016年6月20日(月)

ブライアン・ウィルソンの誕生日。ハッピー・バースデー、ブライアン!

明治学院非常勤「アメリカ研究」、前期第十一回目。前回見た『国民の創生』(D・W・グリフィス監督、1915)に対する黒人側からの回答ともいうべき、オスカー・ミショー監督の映画『ウィズイン・アワー・ゲイツ』(1920)を見た。オスカー・ミショーは、黒人としてはじめてメガホンをとった黒人映画監督の先駆け。元奴隷の両親の子供として生まれ、1862年制定のホームステッド法に基づき、開墾地を獲得して自作農になることを志す。のちに、その体験をもとにした自伝的小説『自作農』(1917)を自主出版した。映画が登場すると、この新しいメディアに飛びつき、自主製作で『自作農』を映画化(1919)。その後も、人種問題や黒人の自立などをテーマにした映画を次々と発表した。

今回はミショーの初期作品から、ほとんど白人に見える混血女性エヴァと、黒人青年ヒューの恋愛を中心に、パッシングやリンチの問題を描いた『シンボル・オヴ・ジ・アンコンカード』(1920)と、冤罪でリンチにかけられた黒人夫婦と義娘シルヴィアの悲劇『ウィズイン・アワー・ゲイツ』(1920)のプロットを紹介し、後者の後半を見た。リンチにかけられた両親の遺体が焼かれるシーンと、シルヴィアが白人男性アーマンド(シルヴィアの実父)にレイプされそうになるシーンがクロスカッティングで描かれ、緊迫感を高めている。『国民の創生』では同じ手法が、「野蛮な黒人から白人を救うKKK」を描くために使われていたことを指摘し、両者の視点の違いに注意を喚起した。

少々時間が余ったので、コメディ映画の端役、白人監督による黒人向け映画の黒人スタッフなどから映画監督になり、『ブラッド・オヴ・ジーザス』(1941)など、黒人キャストの宗教映画を撮ったスペンサー・ウィリアムズを紹介。のちに、テレビドラマ『アイモス・ン・アンディ』(1951-2)にアンディ・ブラウン役で出演し、黒人のステレオタイプを助長したとして批判されることになるウィリアムズだが、黒人映画監督の道を切り開いた先駆者のひとりであったことは間違いない。

國學院非常勤、前期第十一回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング2コマ。6限は、南アフリカのコーラス・グループ、レディスミス・ブラック・マンバーゾの動画を見ながら、授業開始。南アフリカでは、アカペラの男性コーラスが盛んであり、この分野を代表する名曲である「ムブーベ」は、「ライオンは寝ている」として世界中で知られていること、にもかかわらず、作曲者であるソロモン・リンダとその家族には、著作権料が支払われていなかったことなどについて語った。テキストの内容は、ジャズには何か新しいものが加わっているという前回の内容を受けて、「この新しい成分が、ヨーロッパから来たものでないことは明らかである」(仮主語の構文に注意)としたうえで、ヨーロッパ音楽とアフリカ音楽の類似性の話に入っていく。「しかし、どうして、また、なぜ、ヨーロッパと西アフリカの音楽はこうも簡単に混ざり合ったのだろう。実は、世界の他の音楽と違い、両者はとても似ているのである。考古学者によれば、古代、ヨーロッパとアフリカはつながっていた ― 同じ大陸の一部だった。二つの地域の民話、宗教、先史時代の芸術、道具は似ている。音楽もそうだ」

7限は、ドクター・ジョンの『バック・トゥー・ニューオリンズ』(1992)を聞きながら、授業開始。テキストの内容は、前回読んだトーマス・アシェの旅行記からの引用を受けて、「ラテン・カトリック時代のフランス人やスペイン人の貴族たちは、ルイジアナ購入の後に起こった東部の商人たちの侵入に対抗する備えができていなかったようで、イギリス・プロテスタントの慣習はその存在を感じさせ始めていた」 ここで、一段落とばして、「さて、さまざまな度合でアフリカ人の血を受け継いだ人びとがよく知っている音楽の範囲は独特であった」 なかなか日本語に訳しにくいところ。

Santouka

今日のお絵かき。種田山頭火「まっすぐな道でさみしい」

« 2016年6月19日(日) | トップページ | 2016年6月21日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/63814487

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年6月20日(月):

« 2016年6月19日(日) | トップページ | 2016年6月21日(火) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30