無料ブログはココログ

« 2016年6月1日(水) | トップページ | 2016年6月3日(金) »

2016年6月2日(木)

サンデー毎日は毎日じゃないし、朝日の夕刊はどちらかというと夕日。



首都大非常勤、前期第八回目。
『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。アート・ブレイキーがアフリカ音楽に取り組んだ問題作『ジ・アフリカン・ビート』を聞きながら、授業開始。まずは、前回、4拍子もしくは2拍子のマーチのリズムで近似をとるとされたジャズの、より複雑なリズムについて。「ニュー・オリンズのブラス・バンドの音楽にそれ(マーチのリズム)をはっきりと聞くことができるが、そこには何か新しいものが加えられている ― その音楽(ジャズ)はスウィングする。そして、この新しい成分がヨーロッパから来たものでないことは明らかである」 ここで、改めてスウィングのポリリズム的な構造について話したあと、ヨーロッパ音楽と西アフリカ音楽の共通点を語る次の段落へ。「しかし、どうして、また、なぜ、ヨーロッパと西アフリカの音楽はこうも簡単に混ざり合ったのだろう。実は、世界の他の音楽と違い、両者はとても似ているのである。考古学者によれば、古代、ヨーロッパとアフリカはつながっていた ― 同じ大陸の一部だった。二つの地域の民話、宗教、先史時代の芸術、道具は似ている。音楽もそうだ。ヨーロッパ音楽と西アフリカ音楽はどちらも、曲の中で全音階(ピアノの鍵盤の白鍵の音)を使い、どちらもかなりの量のハーモニーを用いる」 宗教の共通性とはオリエントから生まれたキリスト教ではなく、ギリシャ・ローマの神々とアフリカの多神教のそれではないかと指摘。「先史時代の芸術」の例として、ヨーロッパにもアフリカにも存在する洞窟壁画をあげた。

Lascaux_painting

日本女子大史学科の非常勤懇親会に参加。美味しい料理とお酒で、楽しいひととき。

« 2016年6月1日(水) | トップページ | 2016年6月3日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/63733218

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年6月2日(木):

« 2016年6月1日(水) | トップページ | 2016年6月3日(金) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31