無料ブログはココログ

« 2016年4月27日(水) | トップページ | 2016年4月29日(金) »

2016年4月28日(木)

「パトラッシュ、ぼく眠いんだけど、何かしたか‥い‥」「ワン」

首都大非常勤、前期第四回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。世界初のジャズ録音と言われるオリジナル・ディクシーランド・ジャズ・バンド「馬小屋のブルース」を聞きながら、授業開始。前回、ジャズがヨーロッパ音楽と西アフリカ音楽の混淆から生まれたと仮定したことを受けて、

とすると、ヨーロッパ的なものが支配的な音楽文化にあって、ジャズを他とちょっと違った、すぐに見分けがつくものにしている特質は、おそらく西アフリカと関係があるということになる。

関係代名詞節がどこからどこまでか決めるには、動詞の数を数えればいい・・・などと文法的な解説もはさみつつ、話は西アフリカ音楽に。ダオメーが現在のベナンであること、ヴードゥーの本場であることなどを説明して、次の一節に。

ジャズと西アフリカ音楽にはどんな関係があるだろう。おそらく、最も明白な類似点はリズムである ― アフリカの部族民がジャズを好きだというわけではない。なぜなら、混淆が進みすぎていて、好きになれないだろうから。とはいえ、ダオメーの部族の儀式を取り上げてみよう。音楽家がガラガラや鐘、その他のパーカッションを演奏し、部族民が踊ったり、歌ったり、手を叩いたり、足を踏み鳴らしたりする。

「部族」という言葉は差別的なニュアンスがあるので、ぼくは使わない。そのことに注意を喚起しつつ、訳はそのままにして、テキストに描かれた儀式の音楽を想像してみる。最後に、次回、テキストに出てくる「ポリリズム」について解説。パフュームの曲じゃないよ。

« 2016年4月27日(水) | トップページ | 2016年4月29日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/63573105

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年4月28日(木):

« 2016年4月27日(水) | トップページ | 2016年4月29日(金) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30