無料ブログはココログ

« 2016年1月12日(火) | トップページ | 2016年1月15日(金) »

2016年1月14日(木)

納戸も有用〜♪

首都大非常勤「実践英語」、後期第十四回目。『ジャズの誕生』をテキストにしたリーディング3コマ。テストを残して、授業としては最後なので、ぼくの好きなディジー・ガレスピーの「ソルト・ピーナッツ」を聴きながら、授業開始。テキストは同時代のミュージシャンや作家の証言から、バディ・ボールデンの人となりを明らかにする部分。「ジャズの大衆的ヒーローたちは、あらゆる種類のとほうもない貪欲さで賞賛されてきたが、管楽器を持った多くの若者たちが真似するパターンをつくったのがボールデンだった。彼は懸命に生き、<若くして>死んだ。古株ミュージシャンのアルバート・グレニーは、ボールデンのことを<着こなしのいいヤツ>として覚えている。一方、ジェリー・ロール・モートンは『あいつは手に入るウィスキーは片っ端から飲んじまうんだ。いつもどんちゃん騒ぎをしていたな』と言っている。何よりも、ボールデンは女性にもてた。ベルギー人作家ロバート・ゴフィンの言葉を借りれば、『あいつは今でも女性をキャーキャー言わせているに違いない』」 

« 2016年1月12日(火) | トップページ | 2016年1月15日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/63095514

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月14日(木):

« 2016年1月12日(火) | トップページ | 2016年1月15日(金) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30