無料ブログはココログ

« 2016年1月11日(月) | トップページ | 2016年1月14日(木) »

2016年1月12日(火)

國學院非常勤、後期第十三回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング2コマ。レスター・ヤングオスカー・ピーターソン・トリオの演奏を聴きながら、授業開始。テキストは伝説的トランぺッター=バディ・ボールデンが、ジャズの誕生に深く関わっていたことを示す一節。ボールデンはコンゴ広場のダンスが終わる前に、8歳になろうとしていたし。おそらく、ヴードゥーについてすべてを知っており、秘密結社の会合にも出席していた。ブラスバンドの熱狂のただなかで育ち、ヨーロッパの楽器であるコルネットを習得した。子供のころ、黒人教会の叫ぶ会衆の一員だった・・・テキストで取り上げたジャズ誕生の契機となる要素を振り返りながら、そこにことごとくボールデンがいたことを明らかにする。そして、「ニューオリンズとその周辺に残るあらゆる音楽的影響の後継者」であるボールデンのなかに凝縮したそうした要素が、彼のコルネットから凄まじい音となって炸裂し、ジャズという新しい音楽を生む。この本のなかで、最もドラマチックで、美しい文章のひとつだ。

« 2016年1月11日(月) | トップページ | 2016年1月14日(木) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/63094816

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月12日(火):

« 2016年1月11日(月) | トップページ | 2016年1月14日(木) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31