無料ブログはココログ

« 2015年12月13日(日) | トップページ | 2015年12月15日(火) »

2015年12月14日(月)

このお肉、とっても獣脂〜♪

明治学院非常勤「アメリカ研究」、後期第十二回目。スパイク・リー監督の映画「マルコムX』(1992)を見た。今回はネイション・オヴ・イスラムを離れたマルコムが独自の思想を展開しながら、1965年、オードゥボン・ボールルームで銃弾に倒れるまで。上映後、「白人は悪魔である」という金料玉条を捨ててからも、マルコムが黒人だけの組織を維持しようとしたのはなぜなのか、南アフリカの運動家スティーヴ・ビコの例を引きながら、説明した。また、映画の最後に引用されるボールドウィンの詩や、SOWETOの横断幕、当時釈放されたばかりのネルソン・マンデラが出演することの意味についても話した。

Huey

さらに、マルコム・フォロワーともいうべき、自衛のためのブラック・パンサー党を紹介。マルコムもそうだが、ブラック・パンサーにとって「自衛」とは、白人至上主義団体や警察の暴力から身を守る手段に他ならない。そして、彼らの「自衛」は武装だけではなく、無料給食計画や人民医療センターのような、行政が放棄したサーヴィスを黒人コミュニティ自ら提供する活動によっても、もたらされるべきものだった。また、一時、ブラック・パンサー党の「首相」に迎えられたストークリー・カーマイケルが、「ブラック・パワー」を掲げ、分離主義を唱えたのに対し、同党のスローガンは当初、「パワー・トゥ・ザ・ピープル」であり、白人ラディカルとの共闘を否定しなかった。カーマイケルとパンサーは結局、袂を分かつことになる。

OGS LIVE ACO NIGHT Vol.94 @新大久保C;ub Voiceに、ひらげエレキテルとして出演。ぢぞ郎さんのギターによるサポートを受け、3曲ほど歌ってきました。演目は「行こうよ」「かわいい子猫ちゃん」「平和の歌はもう・・・」。聞いてくださった皆さん、盛り上がってくださった皆さん、ありがとうございました。他にも素晴らしい出演者が目白押し。初登場のサットルーこと伊藤聡くんは、報われないラブソングをやるせなく。藤丸さんは、いつものように張りのある声で、堂々たる歌を。長女が不参加の月桃姉妹でしたが、澄んだ歌声で会場の空気を一変させました。こちらも初登場のムーさんは、ケジャさんと遠藤くんのサポートで、「ジョニーへの伝言」を熱唱。最後はわれらが神田苑。そして、オレオさん、左手人差し指の負傷にもめげず、セッションでベース・デビュー。楽しい一夜でした。ケータリングのスープカレーも絶品。

« 2015年12月13日(日) | トップページ | 2015年12月15日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/62869035

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年12月14日(月):

« 2015年12月13日(日) | トップページ | 2015年12月15日(火) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31