無料ブログはココログ

« 2015年11月29日(日) | トップページ | 2015年12月1日(火) »

2015年11月30日(月)

水木さんが・・・水木しげるさんが!!涙。

明治学院非常勤「アメリカ研究」、後期第十回目。スパイク・リー監督の映画『マルコムX』(1992)を見た。今回はハスラー稼業をしていたマルコムが、刑務所に入って、ネイション・オヴ・イスラムの信者ベインズと出会い、大きく変わるところまで。マルコムXの生涯もさることながら、映画としての素晴らしさに心打たれた学生も多かった様子。最後に、気になるところをちょっとだけ解説(いくつか間違えた点があるので、次回訂正しなければ)。①冒頭のシーンで挿入されるフィルムは、黒人男性が白人警官に集団暴行を受けたロドニー・キング事件(1991)のもの。この事件に対する怒りが翌年のロス暴動につながった。②マルコムが働いている列車で、白人上司を「ミスター・チャーリー」と呼ぶシーン。「ミスター・チャーリー」は、黒人が白人をバカにした呼び方。ジェイムズ・ボールドウィンの戯曲に、『ブルース・フォー・ミスター・チャーリー』(1964)がある。③マルコムの親友ショーティを演じているのは、監督のスパイク・リー自身である。④アーチーを演じたデルロイ・リンドーは、以前紹介した映画『栄光のスタジアム』(1996)では、サッチェル・ペイジを演じている。かっこいいぞ。

今日のお絵描き。アレサ・フランクリン菩薩。

Aretha

« 2015年11月29日(日) | トップページ | 2015年12月1日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/62787995

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年11月30日(月):

« 2015年11月29日(日) | トップページ | 2015年12月1日(火) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31