無料ブログはココログ

« 2015年10月28日(水) | トップページ | 2015年10月30日(金) »

2015年10月29日(木)

ニュースで「南沙諸島」の文字を見るたび、南沙織を思い出す。

Whiteboard

首都大非常勤「実践英語」、後期第五回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。前回、テキストに登場したニューオリンズの老舗ブラスバンドであるオンワード・ブラスバンドの録音を聞きながら授業開始。

テキストの内容は、1871(となっているが、著者もしくはテキストの間違いで、1881)年、ガーフィールド大統領(就任後、半年余りで暗殺された第20代アメリカ大統領)の葬儀に、13もの黒人組織がブラスバンドを送り込んだことを指摘。ニューオリンズが傑出した黒人のバンドを次々に輩出した理由を問い、フランスとの密接な結びつきとブラスバンドの一般的な人気に加えて、ニューオリンズに、ブラスバンドに雇用を与える特殊な組織と、さまざまな機会にブラスバンドの存在を受け入れる他にはない伝統があったことが、背景にあるとする。奴隷解放から20年と経たないこの時期に、多くの黒人組織があり、専属のブラスバンドを国家レベルの式典に送りこんでいたことに驚かされる。

文法的には、接続詞 and が意外にクセモノ。長い文になると、and が何と何をつないでいるのか、混乱する学生は多い。例えば、

In addition to the close ties with France and the general popularity of brass bands

とあると、and が France と the general popularity of brass bands をつないでいると考えて、「フランスとブラスバンドの一般的な人気との密接な関係に加えて」と訳そうとする学生が少なからずいる。実際は、and は the close ties with France と the general popularity of brass bands をつないでおり、訳は前段下線部のようになる。もっとも、前者を全否定する文法的な根拠はないような気がする。ただ、それでは話のつじつまが合わないということだ。似たような箇所が、同一センテンスの後半にもあって、学生にとってはなかなかしんどい英語だったと思う。

今日のお絵描き。ロバート・ジョンソン

Robertjohnson

ロバート・ジョンソンの写真を見て、そのアンバランスさに引きこまれた。たいていの人間は左右で全く別の顔を持つと言われるが、それにしてもこの人は違いが顕著だ。生まれつきとも、事故のせいともいわれる、腫れぼったくつぶれた左目に対し、右目は爛々と輝いている。そのためか、左の顔はどこか不吉な翳があり、右は過剰なほど自信にあふれている。それでいて、頬は赤ん坊のようにつるんと柔らかそうで、バランスを欠いたところが、かえって美男ぶりを引き立てている。

最初は不吉な左側が十字路でジョンソンの魂を買った悪魔で、右側が人間だと思ったのだが、すぐに考え直した。自信にあふれた右側こそ、まんまと人間の魂を手に入れた悪魔の顔で、左側がギターのテクニックと引き換えに魂を抜かれて、意気消沈した人間の顔ではないか。悪魔に組み敷かれた人間の、苦渋と後悔の顔。そうに違いない。その横で、悪魔が得意げに高笑いしている。

と、ここまで考えて、もう一度考えが反転した。いや。組み敷かれたのは、人間ではなく、悪魔かもしれない。魂をくれてやるという甘い言葉に誘われて、まんまと人間の罠にはまり、ギターのテクニックを掠め取られたうえに、人間のなかに取り込まれ、旅をともにすることになったのは、悪魔のほうではなかったか。悪魔は自由を奪われ、ブルースマンとともに、女房を寝とられたことを恨んだ安酒場の主人に毒殺された。さぞかし無念だったことだろう。

そんな妄想が頭を過ぎる。そもそも十字路に現れたのがレグバなのだとしたら、それは悪魔じゃなくて、ヴ―ドゥ―の神なのだ。それにしても、生きてるうちに、会ってみたかった。

« 2015年10月28日(水) | トップページ | 2015年10月30日(金) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/62572422

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年10月29日(木):

« 2015年10月28日(水) | トップページ | 2015年10月30日(金) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30