無料ブログはココログ

« 2015年10月25日(日) | トップページ | 2015年10月27日(火) »

2015年10月26日(月)

二十歳だった幼稚園の先生は、今ごろ還暦。

明治学院非常勤「アメリカ研究」、後期前期第六回目。前回取り上げたラングストン・ヒューズがジャズの演奏をバックに自作の詩を朗読した録音を聞きながら、授業開始。授業の内容は、主にゾラ・ニール・ハーストン。簡単なバイオグラフィを紹介したあと、代表作『彼らの目は神を見ていた』(1937)のあらすじを小芝居を交えながら披露。自分らしく生きようとするジェイニー・クローフォードの半生は、毎回、反響が大きい。後半は、民俗学者としてのハーストン。フォークロアを「白人並みに洗練」させようとしたブラック・ブルジョワジーに対し、ハーストンは「洗練」された形式のもとではフォークロアの本質は死んでしまうと考えた。活動を共有することによって行われるフォークロアのコミュニケーションに、人びとが自由に入っていくことができなくなるからである。そのほか、複数のアイデンティティを入れ替える能力に、黒人文化の強さを見ようとするハーストン独特のスタンスなど。とにかく、彼女のこととなると、語ることはつきない。

OGSアコナイトVol.92@四谷Lotusに、ひらげエレキテルとして参加して、3曲ほど歌ってきました。演目は、「まあるいお月さま」「かわいい子猫ちゃん」「平和の歌はもう」。「平和の歌はもう」ではPeace Windsあんじゅなさんにギターで参加していただきました(当日お願いするという「無茶ぶり」にもかかわらず、素晴らしいギターをありがとうございました)。聞いてくださったみなさん、にゃんにゃんで盛り上がってくださった皆さん、感謝します。共演者のみなさんも素晴らしかったし、神田苑のギターリストにして、主催/MCケジャさん50歳のバースデイ・サプライズもあって、大いに盛り上がりました。

« 2015年10月25日(日) | トップページ | 2015年10月27日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/62564241

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年10月26日(月):

« 2015年10月25日(日) | トップページ | 2015年10月27日(火) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30