無料ブログはココログ

« 2015年7月23日(木) | トップページ | 2015年6月28日(火) »

2015年7月25日(土)

多民族研究学会第24回全国大会@国士舘大学。

前半はシンポジウム「自伝、日記、体験記――記録された体験を『現在』に接続する」 。ひらげはコーディネーター/司会を担当。自伝や日記、体験記に残された体験を、時間的、空間的、文化的隔たりを超えて伝えるためにはどうしたらいいのか。それぞれの体験の固有性を残すことはもちろん大切だが、固有性を強調するがあまり、体験を共有していない者に、自分たちに関係のない出来事に関する無味乾燥な情報として受け流される可能性はないだろうか・・・こうしたテーマで3人のパネラーの先生にお話をお願いした。

茨城大学の君塚淳一先生には、19世紀から20世紀の世紀転換期にアフリカ系アメリカ人を導いた指導者ブッカー・T・ワシントンについてお話しいただいた。白人におもねるアンクル・トム的な人物と見られることの多いワシントンだが、ひそかに政治的権利獲得の運動や黒人の高等教育を支援していた。自伝『奴隷より立ち上がりて』に見られるように、体験者は自らの体験を戦略に即して取捨選択し、語ったり、語らなかったりする。そのことを体験を共有していないものはどう捉えるべきか。

小山高専の関根建雄さんはネイティヴ・アメリカンの作家シャーマン・アレクシーの自伝的小説 The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian (邦訳『はみ出しインディアンのホントにホントの物語』)をテーマに、英米文学に必ずしも興味があるとは言えない高等専門学校の学生に、教師としてどう作品を伝えていくか、というテーマで語っていただいた。いろいろな制限もあり、ご苦労の絶えない高専での英語教育のなかで、どう作品を扱うかということは、研究者であると同時に教師でもある大会参加者にも他人ごとではない問題であったと思う。ネイティヴ・アメリカンの青年の成長物語に学生の成長、さらに教師の成長を重ね合わせるところに、何らかの可能性が見えるかもしれない。

中央大学の山城雅江先生には、フランスの映画製作者クリス・マイケルが沖縄戦をテーマに撮った映画『レヴェル5』をご紹介いただいた。亡くなった恋人が残した沖縄戦をテーマにしたコンピューター・ゲームをプレイする女性。ゲームは電脳空間から映像や証言など沖縄戦に関するさまざまな情報を集めることによって展開していく。沖縄戦の体験をもとにしたゲームを、体験を共有しない女性がプレイする映画を、やはり体験を共有しないフランス人の映画監督が撮る。それを見る観客にも、体験を共有していない者が多くいる。こうした幾重にも設定された間接性のなかで、記録や記憶の外在化が問題となる。そこには恋人を失くした女性の体験が、沖縄戦の悲惨さに共振する共感の可能性もあるし、女性の体験と沖縄戦が簡単に結びつけられるかという問題や、記憶が単なる情報として処理される危うさも浮かびあがる。

司会がややしゃべりすぎた感はあるが、フロアからもたくさん質問・コメントをいただいて、有意義なシンポジウムになったと思う。

後半は講演が二つ。アメリカ服飾社会史研究会会長で、『黒人奴隷の着装の研究』の著者、濱田雅子先生に、アメリカ独立革命期の奴隷の着装についてお話しいただいた。上流階級の衣装と違い、奴隷たちが身に着けていたものは、現物としては全く残っていない。そんななか、奴隷たちがどのような服装をしていたのかをつきとめる大きな手掛かりとなるのが、逃亡奴隷を捕えるために出された広告である。奴隷の特徴を述べるなかで、逃げたときに来ていた服装や、携行した服についての細かい記述がある。こうした情報から数量分析を行い、当時の黒人奴隷の平均的な姿を明らかにしていく。推理小説を読むようでワクワクした。

最後に今月で多民族研究会の会長を退かれる松本昇先生の特別講演。故郷・長崎県の口之津のお話に始まり、権力への反逆精神に満ちた父と、民話の世界への入り口となった母に育てられた少年が、明るい小学生時代から一転、友人の死などを経て、大人への不信感に持ちた中学生となり、太宰治をはじめとする文学に出会う話はとても面白かった。でも、なぜ、船乗りのときの話をなさらなかったか。これは続編ありですね。

大会終了後、懇親会、2次会、3次会と飲み歩いた。

« 2015年7月23日(木) | トップページ | 2015年6月28日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/61972090

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年7月25日(土):

« 2015年7月23日(木) | トップページ | 2015年6月28日(火) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31