無料ブログはココログ

« 2015年6月11日(木) | トップページ | 2015年6月13日(土) »

2015年6月12日(金)

神奈川大非常勤、前期第十回目。現在分詞と過去分詞の使い分けについて。英語で感情を表す場合、「~の感情を引き起こす」という意味の動詞を使うことが多い。だから、例えば、surprise「驚かせる」という動詞が現在分詞になれば、surprising「驚かせるような→驚くべき」になり、過去分詞になればsurprised「驚かされた→驚いた」になる。この辺の感覚がつかめない学生がけっこう多かった。

1106026705

ワリス・ディリー砂漠の女ディリー』(武者圭子訳、草思社文庫、2011、1999、Desert Flower、1998)を読み終わった。ワリス・ディリーはソマリアの遊牧民出身のスーパーモデル。父親が決めた老人との結婚を嫌って砂漠から逃げ、紆余曲折を経て、人気モデルとなった。祖国の困難な生活を捨て、国外でより広い視野を持ったディリーは、女性器切除(FGM)をはじめとする祖国の習慣に、ときに批判的である(FGMが女性の身体に与える影響は、想像していた以上のものがある)。にもかかわらず、彼女はさまざまな困難も含め、祖国と家族に強い愛着を抱いている。望まぬ結婚を強いた父親ですら、愛さずにはいられないのだ。郷土愛というのはそういうものだろうと思う。だからといって、批判し、変革することをためらう必要ない。父親から逃げようと砂漠をさまようディリーの姿が、砂から逃れようともがく『砂の女』の男に重なる。両者の違いは、男が砂について何も知らないのに対して、ワリスは砂漠を知り尽くしているということだ。だから、彼女は砂から逃げ出し、しかも砂を愛し続ける。

オーネット・コールマンが亡くなった。フリージャズというと悲壮なイメージの人が多かったけど、この人はどこか素っ頓狂で、人を食ったところがあって、そこが好きだった。合掌。

« 2015年6月11日(木) | トップページ | 2015年6月13日(土) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/61741114

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年6月12日(金):

« 2015年6月11日(木) | トップページ | 2015年6月13日(土) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31