無料ブログはココログ

« 2015年2月24日(火) | トップページ | 2015年3月1日(日) »

2015年2月27日(金)

町田・ド・マリ。

1106484831

国枝昌樹イスラム国の正体』(朝日選書、2015)を読み終わった。元シリア大使による「イスラム国」解説。欧米とアラブ諸国の関係史、湾岸諸国のパワーバランス、イスラム過激派グループの系譜などにも触れられており、わかりやすかった。著者もあとがきで述べているように、イスラム国の「正体」をはっきりつかむことは難しい。雪だるま式にふくれあがっていく組織とも言えないような組織の実態は、本人たちにすら把握できていないのではないかと思われ、コンテキストのなかで理解するしかない。

ひとつ言えるのは、イスラム国は復古主義ではあっても原理主義とは呼べないのではないかということ。彼らの中に正統カリフ時代への懐古があり、また過激なイスラム思想の流れをくんでいるのもたしかだが、聖典に対する彼らなりの正統的解釈に基づいて行動しているかというと、違うと思う。本人たちの想定を超えて大きくなっていく状況を、場当たり的に処理して、コーランの言葉で正当化しているだけなのではないか。コーランにはさまざまな解釈があり、異教徒の取り扱いなどでは、イスラム国内部でも対応が分かれている。だとするなら、イスラム国を考えるときに、「イスラム」ということはとりあえず、カッコに入れるべきかもしれない。つまり、彼らは字義通りの「原理主義」というよりも、「たまたまイスラムの」武装組織であるということだ。

ヨーロッパやアメリカから彼らに合流するものたちのなかには、非アラブ系の若者が多くいるという。アラブ移民の2世、3世が合流するのであれば、疎外された移民の民族主義ということでわかりやすいのだが、それだけではないらしい。本人たちが意識しているかどうかはわからないが、背景には「反近代」的な空気があるのではないか。近代文明をリセットしたいと思うものの目には、数々の暴虐行為もむしろ魅力的に映るのかもしれない。バブル時代の日本で、現状に疑問を持った若者が、オウム真理教に飲み込まれたのと似ている。だとすると、問題は中東に終るものではなく、その根は深く、広いと言わなければならない。

« 2015年2月24日(火) | トップページ | 2015年3月1日(日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/61207506

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年2月27日(金):

« 2015年2月24日(火) | トップページ | 2015年3月1日(日) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30