無料ブログはココログ

« 2014年7月12日(土) | トップページ | 2014年7月14日(月) »

2014年7月13日(日)

沖縄で豚足を食う活動。「アクてびちー」

弟に誘われて、Facebookで「音楽的生活向上委員会」というのに入り、調子にのって記事を二つも投稿した。われながらなかなか上手く書けたと思うので、転載しておく。

さて、ひらげです。

記念すべき初投稿、何について書こうかと思いめぐらせたのですが、トーマス・マプーモとかオーティス・レディングとかでは、ぼくのことを知っている人にとってはあまりにも意外性がない(なに?お前のことなんか知らない?失礼しました〜)。忌野清志郎では、彼が既にこの世にいないことを思い、泣いてしまいそう。それで、ハイチ音楽にしました。カリブの島国、トゥーサン・ルーベルチュール率いる奴隷たちが叛乱を起こし、白人農場主の支配を転覆し成立した世界初の黒人共和国。アフリカ直系の混合宗教ヴードゥーが息づく国。音楽としては、ギターを中心としたダンス音楽コンパ(男女の集いのことではない)、ヴードゥーの音楽を現代によみがえらせたミジック・ラシーンなどがあります。

しかし、今日ご紹介したいのは、そうした黒々とした音楽ではなく、何と、クラッシックなのであります。ハイチの黒人クラッシック・ギターリスト、フランツ・カシューです。ぼくがこの人のことを知ったのは、変態ギターリストとして名高いマーク・リボーがこの人の曲だけを演奏しているCDを聞いたからです。リボーは変態のくせに、カシューのもとで真面目にクラッシック・ギターを習っていたのですね。そこがまた変態よね。

で、フォークウェイズから出ているカシューの録音を手に入れました。

カシューの音楽は最初、あまりアフリカ系の感じはしないと感じるかもしれません。しかし、底深くせつない。このせつなさが、ブラジルのサウダージにも通じるような、二度と帰れない故郷アフリカへの思いを思い起こさせるような気がする。カシューの曲はハイチの民謡を元にしていて、ハイチ組曲なんて言うのもやっています。あと、有名なハリー・ベラフォンテとは盟友で、彼のバックでギターを弾いたり、べラフォンテがカシューの曲を歌ったりしています。

どうです、奥さま、フランツ・カシュー。買いですぜ。



さて、ひらげです。調子にのって連続投稿です。

タイ語で「名前何?」は「チュー・アライ」だということをご存知でしょうか。故・荒井注がタイに行ったら、さぞややこしかったことでしょう。注さまはどうだかわかりませんが、ぼくは行きました。タイ。もう、20年以上前のことです。タイといいますと、ルークトゥンとかモーラムといった演歌のような音楽からポップスまでいろいろありますが、当時ぼくがしびれたのは何と言ってもフォークとロックの中間ぐらいの音楽をやるカラワンというグループでした。喜納昌吉の「花」をタイ語でカヴァーしてたりもする人たちです。

カラワンやもう少しロック色の強いカラバオなどの社会性の強い歌を歌う人たちは、「生きるための歌」と言われていました。南米でビクトル・ハラメルセデス・ソーサといった人たちが、生活に根ざした「新しい歌(ヌエバ・カンシオーン)」を歌いはじめたのとも似ています。石川啄木の「喰らうべき詩」にも似ています(ただし、石川くんは金田一くんに借金返してから、そういうこと言おうね)。

ビクトル・ハラのように、両手両足を打ち抜かれて殺されたりはしなかったものの(チリのクーデターでの話)、カラワンのメンバーは大学生らが弾圧された1976年のタンマサート大学虐殺事件を逃れ、ジャングルに入り、共産ゲリラと行動をともにします。そこで、故郷への思いを名曲「満月」にこめて歌いました。そして、帰国後発表されたのが、グループ名と同じタイトルの曲「カラワン」です。カラワンとはキャラバンのタイ語訛です。

朝の森に光がさして
あらゆる植物をやさしく暖める
おいで兄弟たち、友だちみんな
ぼくたちの声で目をさましておくれ
カラワン、カラワン……どん底の

どん底から牛車がゆっくりと動きだし、旅が始まるようすが組曲形式のなかに生き生きと描かれています。

ちなみに、ワタクシ、ひらげがひらげエレキテルとしてつくり、歌っている「行こうよ」という曲は、この曲にインスパイアされてつくりました。みなさん、ぜひライブにお越し下さい(宣伝かい!!)


« 2014年7月12日(土) | トップページ | 2014年7月14日(月) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/59981984

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月13日(日):

« 2014年7月12日(土) | トップページ | 2014年7月14日(月) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30