無料ブログはココログ

« 2014年4月28日(月) | トップページ | 2014年5月1日(木) »

2014年4月29日(火)

ひらげのいちばん長い日。

國學院大學非常勤、前期第四回目。1限のリスニングは2004年民主党大会におけるバラク・オバマのスピーチを聞く。まずは何も見ずに、次に英語のテキストを見ながら、最後に日本語で意味を解説したあとでもう一度、計3回聞いて、質問に答えさせた。『ジャズの誕生』を題材にした2限のリーディングは、ウェス・モンゴメリー「フル・ハウス」を聞きながら授業開始。授業の内容と直接関係はないのだが、前回、ジャズ・ギターリストで誰がお勧めか質問してきた学生がいたので。教科書の内容は、

仮にジャズを、ヨーロッパと西アフリカという二つの偉大な音楽的伝統が、アメリカ合衆国で300年に渡って混ざり合った結果であると定義することにしよう。すると、ヨーロッパのものが支配的な音楽文化のなかで、ジャズを他とはちょっと違う、すぐに認識可能なものにしている特質は、おそらく西アフリカと関係があるということになる。

文法的な理解に加えて、文脈を追うことに注意を喚起した。前回の「ジャズは言葉で説明するよりも認識するほうが簡単である」という文があって、今回の「ジャズを認識可能にしているもの(西アフリカ)」への言及がある。話は歴史を辿り、ジャズのアフリカン・ルーツへと遡っていく。最後にポリリズムについて、ちょっと説明した。

授業が終わるとすぐに教室を飛び出し、ギターを抱えて恵比寿天窓switchへ。ひらげエレキテル with しびれる機械(本日、命名)ライブ。暖かい雰囲気の、とてもやりやすいライブハウスで、共演者のみなさんも素晴らしい方々ばかりでした。にゃんにゃんで盛り上がっていただいたお客さん、共演者のみなさんに感謝・・・でも、今日はこれで終わらない。

新大久保CLUB Voiceに移動して、本日2度目(授業をステージと考えれば、4度目笑)のステージ。おなじみのOGS企画。共演者のステキな演奏、お酒あり、餃子あり、セッションありで、楽しいハード・デイズ・ナイトでした。

« 2014年4月28日(月) | トップページ | 2014年5月1日(木) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/59559773

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年4月29日(火):

« 2014年4月28日(月) | トップページ | 2014年5月1日(木) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30