無料ブログはココログ

« 2013年11月17日(日) | トップページ | 2013年11月19日(火) »

2013年11月18日(月)

ノーベル賞作家のドリス・レッシングが亡くなった。1919年、ペルシャ(現イラン)に生まれたレッシングは、1925年、家族とローデシア(現ジンバブウェ)に移住し、1949年までそこで暮らした。デビュー作『草は歌っている』はローデシアでの体験をもとに、白人女性と使用人の黒人男性の関係を描いた衝撃的な内容。他にもアフリカを舞台にした短編がいくつかあり、『老首長の国 ー ドリス・レッシング アフリカ小説集』にまとめられている。94歳の大往生だが、残念。ご冥福をお祈りします。

明治学院非常勤、後期第八回目。キング師以降の公民権運動について。有名なモントゴメリーのバス・ボイコット事件を契機として、それまで法廷闘争が主体だった公民権運動に、大衆度動員による直接行動という新たな戦略が持ち込まれた。敗れれば不利な判例を残して運動を停滞させることになる法廷闘争の弱点を、デモやボイコットで社会に緊張を生み出すことで補おうとしたのである。ボイコット運動で中心的役割を果たし、公民権運動家として頭角を現したのが、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアである。キング師の言う「非暴力」も、直接行動における「不服従」の姿勢とセットで語られなければならない。

キング師に刺激されて、若者を中心にシット・イン(座り込み)やフリーダム・ライドといった運動が編み出され、強い抵抗にあいながらも一定の成果をあげはじめる。しかし、人種差別主義者の反動は激しく、エメット・ティル事件メドガー・エヴァーズの殺害など、南部を中心に黒人や公民権運動家を標的とした暴力事件が続いた。しかも犯人と思われる人物は、陪審員が全員白人の裁判で無罪になることが多かった。こうした状況を皮肉ったのが、J・B・ルノアーのブルース「ダウン・イン・ミシシッピ」である。

ウサギの禁漁期ってのがある
ウサギを撃ったら、刑務所行きだ
ところが人間には禁漁期なんてない
だれも保釈金を払う必要はないのさ
ミシシッピじゃ
俺の生まれたミシシッピじゃ・・・

1472825_688152581202823_390002875_n

そして、本日のメイン・イベント!ポール・マッカートニー来日公演@東京ドーム。ジョン派か、ポール派かと言われれば、ジョン!と即答するぼくだけど、ポールに対する愛は年々強まるばかりだ。ビートルズ時代はもちろん、ウィングス、ソロや愛妻リンダとのデュオまで、どの時代も好奇心にあふれた子供のようなポールがいる。サービス精神のあまり、言わなきゃいいこと言っちゃったりするのも、ご愛嬌。よけいに愛をかき立てられる。

「エイト・デイズ・ア・ウィーク」で、ヘフナー・ベースの音が鳴り響いたとたん、テンションはマックスに。とにかく、動きがかわいい。とても71歳のおじいちゃんとは思えない。30代の若手のようなピチピチさかげんだ。声もバリバリに出ている。個人的には、ジョンに捧げる美しい曲「ヒア・トゥデイ」をやってくれたのが嬉しかった。「60年代、公民権運動の時代に、アメリカで苦しんでいる人たちのためにぼくも何か歌えないかと思ってつくったんだ」と言って、「ブラックバード」をやったのには驚いた。ぼくが今日、公民権運動について教えてきたのを知っているのか?知っているに違いない!・・・と、思い込みの強いぼくは確信した。「黒い鳥が暗い夜の光にむかって飛んでいく」という歌詞はそういう意味だったのか。

アンコールに残していた「ヘルター・スケルター」ではシャウターとしての非凡さを見せつけた。何度も言うが、71歳だぜ!?2回目のアンコールで、ようやく「イエスタデイ」が出てきた。正直、そんなに聞きたいとは思っていなかったのだが、「震災の被災者に捧げる」というコメントに胸が熱くなった。「昨日までトラブルは遠いところにあると思っていた」という歌詞をこんな文脈に置いてみせるとは・・・そして、最後は『アビー・ロード』B面のメドレー。ポールを含めた3人のギターリストが「ジ・エンド」のギターバトルを再現。「結局のところ、あなたが受け取る愛は、あなたが生んだ愛に等しい」という歌詞が神託のように鳴り響いた。

「ポール!!」と叫んで失神・失禁する女の子の気持ちがわかった。ポール!!

« 2013年11月17日(日) | トップページ | 2013年11月19日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/58601910

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年11月18日(月):

« 2013年11月17日(日) | トップページ | 2013年11月19日(火) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31