無料ブログはココログ

« 2013年6月3日(月) | トップページ | 2013年6月5日(水) »

2013年6月4日(火)

國學院非常勤、前期第七回目。前回の授業のあと、ジャズ・ギターリストでお薦めは?聞いてきた学生がいたので、ウェス・モンゴメリーとか、ジョージ・ベンソンジャンゴ・ラインハルトなんかの名前をあげておいた。ちょっとスタンダードすぎてぼくらしくないラインナップだったかなと思い、今回は学生がついてこれなくなるような奇人スリム・ゲイラードを紹介。教科書の内容とは、まるで関係なし。教科書のほうは、アフリカ音楽のポリリズミックな特質について。「その音楽はポリリズム的、すなわち、2つ以上のリズムが同時に演奏される ― おそらく5~6つのリズムが。西アフリカ音楽の共通の基盤は、4分の3拍子、8分の6拍子、4分の4拍子のコンビネーションである。それはまるで、オーケストラが同じ曲をワルツフォックス・トロットワン・ステップとして演奏するようなものである ー それもぜんぶ同時に。もちろん、歌や手拍子足拍子がさらにリズムの複雑さを加える」 次回は少しとばして、ジャズの誕生におけるニューオリンズの役割を扱った第3章へ。

« 2013年6月3日(月) | トップページ | 2013年6月5日(水) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/57589877

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年6月4日(火):

« 2013年6月3日(月) | トップページ | 2013年6月5日(水) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31