無料ブログはココログ

« 2012年11月1日(木) | トップページ | 2012年11月4日(日) »

2012年11月2日(金)

今年5月PMLA誌上で公開されたルドルフ・フィッシャーの未発表短編"The Shadow of White"を読んだ。黒い肌から「煤(Smut)」と呼ばれている少年。母親は白人農場主に手当てを受けさせてもらえず病死、オジはリンチで殺された。白人に対する恐怖を抱えながら、父と北部へ。父が管理人をする倉庫へ、白人が密造酒を運ぶのを目撃する。少年の証言が、密造の疑いをかけられそうになった父を救う。父がリンチにかけられず、白人が逮捕されるのを見て、少年の瞳は輝きを取り戻す。北部で、怯えながらも友だちを作らざるをえなくなった少年が、「最初から自分の名前は"煤"だと認めることによって、いじめの主な道具から鋭利さをそごうとした」という一節が、興味深い。言葉の文脈をずらすことで、その力を奪うor方向を変える。これも一種のシグニファインか。

« 2012年11月1日(木) | トップページ | 2012年11月4日(日) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/56150358

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年11月2日(金):

« 2012年11月1日(木) | トップページ | 2012年11月4日(日) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31