無料ブログはココログ

« 2012年7月9日(月) | トップページ | 2012年7月12日(木) »

2012年7月10日(火)

國學院非常勤、前期第十三回目(最終回)。リロイ・ジョーンズ『ブルース・ピープル』。1870年代になると、何千という黒人の季節労働者が南部をあちこち移動していた。なかには、ただあちこち移動するだけのものたちもいた。本当の移動労働者ではなく、ただの気ままな流れ者だ。アメリカとは一体何なのかということについての、より完全な考えがこうした元奴隷たちの頭にも浮かぶようになってきた。かつては、ジョージアのプランテーションに生まれた奴隷は、売られたり逃げたりしない限り、ふつうはジョージアで生まれ、大人になり、死んでいったものだが・・・こうしたアフリカ系アメリカ人の状況の変化にともなって生まれた都市の(シティ)ブルース、なかでもプランテーションではめったに手を触れることができなかっただろうピアノによるブルースを聞いてもらおうと、リロイ・カーの「ブルース・ビフォア・サンライズ」をかけた。

« 2012年7月9日(月) | トップページ | 2012年7月12日(木) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/55294931

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年7月10日(火):

« 2012年7月9日(月) | トップページ | 2012年7月12日(木) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31