無料ブログはココログ

« 2012年5月14日(月) | トップページ | 2012年5月17日(木) »

2012年5月15日(火)

國學院非常勤、前期第五回目。今回もリロイ・ジョーンズ『ブルース・ピープル』を読んだ。ジョーンズは、ワーク・ソングについて、労働のための歌であると同時に、声をふりしぼるような嘆きであり、年代記でもある(例えば、「ジョン・ヘンリー」のような)と書く。ただし年代記と言っても・・・というところを訳してもらっているところでタイムアウト。遅々として進まないが、わからないまま進んでもしょうがない。じっくりいこう。曲は「ロジー」というワーク・ソングをかけた。次回はワーク・ソングやスピリチュアルのような奴隷制時代の音楽と、奴隷解放後に生まれたブルースの違いについて。

« 2012年5月14日(月) | トップページ | 2012年5月17日(木) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/54841876

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月15日(火):

« 2012年5月14日(月) | トップページ | 2012年5月17日(木) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31