無料ブログはココログ

« 2012年5月12日(土) | トップページ | 2012年5月14日(月) »

2012年5月13日(日)

ブッカー・T&MG's のベーシスト、ドナルド・"ダック"・ダンが来日公演を終えて宿泊中だった都内のホテルで亡くなった。スタックスの屋台骨を支え、ブルース・ブラザーズ・バンド、そして忌野清志郎との共演でも知られる名ベーシストの死を心から惜しみたい。最後になった来日公演があることを最終日当日に知り、今回は無理だな、でも元気になったんならまた来るだろうぐらいに考えていた。まさか、亡くなってしまうとは・・・合掌。むこうでキヨシローをオーティスに紹介してやってください。

Renseki

連合赤軍事件の全体像を残す会」の主催で行われたシンポジウム「浅間山荘から四十年 当事者が語る連合赤軍」(@目黒区民センターホール)に参加してきた。若松孝二監督の映画をきっかけに連合赤軍事件に興味を持ち、関係者の手記などを読みあさってきた。事件後40周年の節目に行われた今回のイベントでは、実際に山岳ベース事件に関わった当事者が3人(前澤虎義氏、植垣康博氏、青砥幹夫氏)、さらに真岡銃砲店襲撃事件で逮捕された雪野健作氏が壇上に上がるという。とりわけ、青砥氏は釈放後、ほとんどメディアに顔を見せることがなかったので、事件をどのようにとらえているのか興味があった。

連合赤軍事件について疑問に思うのは、同志を次々に死に追いやるという残虐行為が、若者の「無私」の心から生まれたとする前提である。彼らが世界を変えようと思ったことは確かだし、そのことによって何らかの利益を得ようとしたわけではないということはわかる。ただ、事件には「無私」という言葉では整理できない建前や自尊心の問題が潜んでいる。「革命戦士として死にたい」という言葉は、彼らが「革命的」であるという「建前」にすがって生きていたことを示しており、同志を殺したり見捨てたりしてしまったのは、「革命家」としての自分を守るためだったということもできる。あれだけのことがありながら山岳ベースから逃げるものがほとんどいなかったのも、「逃げたら殺される」という恐怖以上に、「逃げたら革命家でなくなる」という不安が大きかったのではないか。「無私」を言うのであれば、「反革命」の誹りを受けてでも山を下り、虐殺をとめるという道もあったはずである。

もちろん、ぼくはこのことをもって、当事者を責めようというのではない。ぼくだって、あのときあの状況にいたら、山を下りられたかどうかわからない。一人ひとりに徹底した「共産主義化」を要求する連合赤軍のやり方は、革命が個人の徹底した自己犠牲に支えられるべきものであるという前提に立っている。しかし、革命家であれ何であれ、人はそうそう「無私」ではいられない。なかには全く自分を顧みないお釈迦様のような人物もいるかもしれないが、すべての人にそれを要求するのは酷というものである(ぼくは無理だ)。だから、第2部のパネラー鈴木邦男氏の「左翼の人たちは人間に期待しすぎだ」という言葉には、大きく首肯せざるをえなかった。

ごく普通の若者が自己犠牲を貫く英雄的革命家になろうとした ― そのことが事件の根底にある。この考えは、第3部のパネラー田原牧氏が言っていたように、事件を「平凡な若者に起こった悲劇」として「エセ市民社会」に回収してしまうことになるのかもしれない。しかし、一方で、彼らを異常者と決めつけてしまえば、事件を市民社会とは無関係な遠い世界のこととして葬り去ることになる。事件を普通の人間が起こした、市民社会と深い関係にある、震撼すべき事件として、ありのままに語り継ぐことが大切なのではないか。すなわち、それは市民社会それ自体が、事件と同じ闇を抱えているということになる。例えば、個人に過重な負担を強いる「自己責任」という言葉は、平凡な個人に英雄として死ぬことを強いる「共産主義化」と同じ精神を表わしているような気がしてならない。第4部でフロアからの質問票にあったいじめの問題も、連合赤軍事件がいじめに影響を与えたというよりも、いじめを生み出すような社会の歪みを連合赤軍事件が体現していたというべきなのではないかと思う。

事件の与えた影響ということでいえば、事件後若者が政治活動自体を危険なものと捉えるようになり、世の中を変える回路が閉ざされてしまったという第4部のパネラー雨宮処凛氏の指摘が印象に残った。たしかに、ぼくらの世代は学生運動はカゲキハとかミンセーとかいて危ないという風潮があった。バブル景気のまっただなかで、社会を変えるという意識が薄かったこともあるが、連合赤軍事件のことはぼんやり知っていたし、そのことが「政治=コワイ」というイメージに拍車をかけていた。事件の当事者からしたら、青砥氏が事件の後運動をやめた仲間のことを例に挙げて言ったように、「そこまで面倒みきれない」というのが正直なところだろうと思う。時代に翻弄されたという意味では、連合赤軍の若者もバブル期のノンポリ学生も同じなのだ。

ただ、その後、連合赤軍事件をはじめとする内ゲバ的な暴力事件が忘れられていくに従って、社会に働きかけることを躊躇する理由が見失われたまま、「政治=コワイ」というイメージだけが残っていったのではないか。その呪縛は否定的なイメージの由来を知っている世代より、原因が分からない分、強かったのではないか。30代以下の人たちが連合赤軍事件に興味を持ちはじめているとしたら、「政治=コワイ」という催眠を解くカギを探す必要に迫られてのことなのかもしれない。

非常に充実した内容で、頭がくらくらした。理知的な雪野さん、物静かな前澤さん、お調子者だが楽天的な(イメージです)植垣さん、頑固な不良親父風の(イメージです!)青砥さんと、事件の当事者はそれぞれに魅力的な人たちだった。なぜこの人たちが、という思いはやはり強い。2次会で彼らと直接お話しすることもできたのだが、今日は母の日なので帰ることにする。また、同様の企画があることを期待して。

« 2012年5月12日(土) | トップページ | 2012年5月14日(月) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/54738423

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年5月13日(日):

« 2012年5月12日(土) | トップページ | 2012年5月14日(月) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30