無料ブログはココログ

« 2010年3月17日(水) | トップページ | 2010年3月25日(木) »

2010年3月18日(木)

2010_03_18hokutotei今日のラーメン:「みそらーめん(700円)」@名古屋・駅麺通り『札幌らーめん ほくと亭』
名古屋なのに札幌ラーメンの店に入るのもどうかと思う。しかし、味噌の甘辛さが強調されたスープはもしや、名古屋人の舌にあわせたものか?つるんとした麺はそれ自体まずいものではないが、かなり細めで札幌ラーメンのイメージではない(これで太麺をうたうとは、名古屋では太麺が珍しいのだろうか?)。焦がし唐辛子が散らしてあるのもあまり効果があるとは思えない・・・★★★

News_photoボブ・ディランを聞きに名古屋まで来てしまった。東京公演を取りそこなった後、同僚のS川くんから名古屋公演のチケットが手に入ったので行かないかとお誘いを受け、一も二もなく飛びついた。ところが、そのS川くんはわけあって行けなくなり、紆余曲折の末、チケットはミクシーのコミュでチケットを求めていた青年Pさんの手に渡った。

Pさんとビールを飲みながら開演を待つ。会場のZEPP名古屋は手ごろな広さで、2階の立見席からでも十分ステージを見渡すことができる。むしろ、1階スタンディングの後ろより、よく見えるんじゃないだろうか(S川くんに感謝)。オープニングのSEにのせて、黒づくめの男たちが登場。割れんばかりの歓声に包まれて、「雨の日の女」が始まる。ステージ中央のマイクが空いている。あれ?ディランは?と思ったら、キーボードの前に座っている男が歌いだした。

ぜいるすとーんにゅほぇんにゅとらいんとぅびぐ~♪

ディ、ディランだ!すごい声!若いころの端正なだみ声(?)とも違う、年を経てすっかりしわがれたその声は、ずどんと魂のなかに飛び込んできて、内側から爆発させるような破壊力がある。す、すごい・・・二曲目でハーモニカを披露。おおおっ、みうらじゅんの言うとおり、ぷひ~だよ!曲目は最近のアルバムからのものが中心。時々挟みこまれる昔の曲もアレンジがぜんぜん違っている。ディランほどの大物になれば、有名曲を並べて会場を盛りあげることもできるのに、あえて今のバンドとの音を聞かせるところがディランらしい(ジュークボックスじゃねぇぞ!現役のミュージシャンなんだぞ!)。ソリッドなロックンロールを演奏するバンドとのコンビネーションはばっちり。珍妙なキーボード・ソロを弾きたがるディランをしっかり支えている。

それにしても、齢70を前にして、このパワーは何なのだ!?ディランのやっているのは一言で言えばロックンロールなのだが、考えてみれば誰もディラン以前にはディランのようなスタイルのロックンロールをやった人はいない。そのオリジネイターとしての業の深さがディランを前人未到、70代のパンクへと突っ走らせているのだろう。アンコール前のラストは「やせっぽちのバラード」。凄まじい演奏だった。

「ライク・ア・ローリング・ストーン」「ジョリーン」「見張り塔からずっと」 嵐のようなアンコールが終わった。ふと見るとPさんが呆然と立ち尽くしている。いい人と友だちになった。朝まで飲み明かしたい気分だったのだが、終電で帰らなければならない。もう一度ビールで乾杯して、ディラン話をしながら名駅(←名古屋人は名古屋駅をこう呼ぶ。Pさん曰く、「えー他県の人は呼ばないんですか!?」)まで歩く。名古屋まで来たかいがあった。

« 2010年3月17日(水) | トップページ | 2010年3月25日(木) »

コメント

>>西村さま
はじめまして!コメントありがとうございます!
素晴らしいライブでしたね!

サイト、のぞかせていただきました。
詳細でマニアックなサイトで頭が下がります!
ぜひ、リンクしてください。

今後ともよろしくお願いします。

こんにちは!
私も見に行きました・・最高でしたね!
実は、私はボブ・ディランのサイトを作ってまして、
もしよければリンクさせてもらいたいのですが・・・
お願いできますでしょうか!?
よろしくお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1061/current_bob.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年3月18日(木):

« 2010年3月17日(水) | トップページ | 2010年3月25日(木) »