無料ブログはココログ

« 2008年5月29日(木) | トップページ | 2008年6月3日(火) »

2008年5月30日(金)

2008_05_30tsuburaya今日のラーメン:「ラーメン(650円)」@上北沢『ラーメン つぶらや
基本はクリーミーな豚骨ラーメンで、いちばん苦手なタイプ。太めの麺も特に個性があるわけではなく、期待はずれ。香油のようなものがまぶしてあるところ、最後に残る粉っぽさは『田ぶし』にも似ているが、あんなに個性的ではない。うーん・・・不味いわけではないんだけど・・・★★★

なげやり夫妻、ゆきえちゃんと結婚式の打ち合わせ。

Img385_2クラレンス・ノリス/シビル・D・ワシントン『最後の被告人 スコッツボロ事件』(The Last of the Scottsboro Boys、伊佐千尋/伊佐敦訳、文藝春秋、1990)を読み終わった。1931年3月25日、9人の黒人少年がアラバマ州ペイントロックで群集に貨物車から引きずりおろされた。スコッツボロの刑務所に送られた9人は、ヴィクトリア・プライスとルビー・ベイツという2人の白人女性を強姦した罪で告訴される。2週間あまりで判決が下され、不十分な証拠にも関わらず(容疑者のひとりは事件当時梅毒でとても女性と関係が持てる状態ではなかった。また、強姦されたとされる女性のひとり=ルビー・ベイツはのちに証言を翻している)、未成年と見なされた一人を除く8人に死刑が宣告された。いわいるスコッツボロ事件である。本書はスコッッツボロ・ボーイズと呼ばれた容疑者のひとりだったクラレンス・ノリスの手記と法廷でのやり取りを収録したスコッツボロ事件の記録である。曖昧な証言だけで下された不当な判決に世界中から非難の声が集まり、NAACPや共産党系組織の支援もあって、事件の翌年、合衆国最高裁判所が事件の再審理を命じた。しかし、裁定を受けて行われた裁判が茶番にすぎなかったことは、本書に収められた裁判の記録からも明らかである。検事に対する弁護人の異議は取り下げられ、逆に弁護士の発言は検事の異議を受けてことごとく封じられた。再度、死刑判決を受けたクラレンス・ノリスはアラバマ州のキルビー監獄に収監され、1938年に無期懲役に減刑されるまで死の恐怖に苛まされながら死刑囚としてすごした。ノリスの仮釈放が認められるのは、それからさらに8年後の1946年のことだった。無実の罪で12年間も自由を奪われていたのである。容易に想像がつくことだが、仮釈放後のノリスの人生も平坦ではなかった。仮釈放の地域がアラバマしか認められなかったため、彼は事件のことで白人たちから受ける挑発に耐え続けなければならなかった。結局、ノリスは仮釈放の規則を破って、母親のいるニューヨークへと逃亡し、身分を偽って暮らすことを余儀なくされる。彼が名誉回復を試みたのは1976年、子供たちの将来を憂慮してのことだった。事件の真相は黒人少年たちとけんかして貨物車を追い出された白人ホーボーたちの憂さ晴らしだったといわれている。そこに、少なからぬ南部の白人たちが鬱屈した思いをぶつけた。留置場から法廷に運ばれるノリスの回想を読むと、黒人少年たちを死に追いやることを町内総出で楽しんでいたかのようにすら思える。

「留置場から法廷までの道程は、百マイルほどにも思えた。黒山のような人だかりで、その日、スコッツボロには何千人もの人々が集まった。まるで祭日のようだった。バンドが音楽を鳴らし、通りでは食べ物や飲み物が売られていた。州兵がいたるところに姿をみせ、群集と私たちの間に立った。彼らは私たちを見るやいなや、大声をあげた。『おまえら、ニガーどもはみな死ぬんだ。おまえらの黒いけつは、焼け焦げになる。電気椅子なんて、おまえらにゃもってえねえ』」(15)

ほんの70年ほど前のアメリカ南部では、人種差別が気晴らしになっていたのだ(リンチで焼かれた黒人の写真を絵葉書にし、「今夜のバーベキューの写真です」と書き添えて母親に送ったなんて話も残っている)。こうした状況のなかで、死刑という制度がどんなに恐ろしい意味を持つか、仲間の死刑囚(そのうちの何人かは明らかな冤罪だった)を見送り続けたノリスの回想が物語っている。そして、冤罪とか差別といった問題はアメリカだけのものではない。

Palmer002
スコッツボロ・ボーイズ。前列に座っている白人男性は、彼らの弁護を務めたサミュエル・リーボウィッツ氏。
 →"The Scottsboro Boys"Trials @The Famous American Trials

« 2008年5月29日(木) | トップページ | 2008年6月3日(火) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73760/41371748

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年5月30日(金):

« 2008年5月29日(木) | トップページ | 2008年6月3日(火) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31