無料ブログはココログ

2018年6月2日(土)


昨日つくった「白髪紳士」の編曲ヴァージョンをつくってみました。


太田真人さんとのユニット「ビリビリ・バンド」で、西荻窪Zizi Annabelleに出演しました。演目は、「いつ死んでもいいように」「カワイイ子猫ちゃん」「お化粧」「煙草屋のお嬢さん」「すっぽんぽん節」。先日のビリビリナイトで、ひらげがコーラスをとれなくなった太田さんとの共作曲「お化粧」は、散々練習したにもかかわらず、やはりコーラスが取れなくなり、最初からやり直して、ようやく成功。その分、予定していた「最後の日」を省くことになりました。トホホ。でも、やり直した「お化粧」はなかなかよかったので、良しとしよう(前向き)。共演者の皆さんからは、自分の音に対するこだわりが感じられました。木下純さんのとつとつとしたガットギターの調べ、プラス・ワン・スタイルのギター、岸さんのタッピングとオープン・チューニングによる独自のスタイル、そして、ループ・マシーンを使いながら、暖かい歌空間を広げていく井形大作さん。勉強になりました。

2018年6月1日(金)

そのまま回文。身も心も→もろココも身

神奈川大非常勤、第六回目。まずは、前回休講を謝罪。前回やるはずだった、thatの区別のテストをやった後、教科書のテキスト解析。


行きつけのバーの常連さんに関する妄想を歌にした「白髪紳士」、完成。


彼の髪は黒く
闇を飛ぶカラスのよう
悲しそうな瞳で男は
黒髪を帽子の下に隠す

まだだ まだ まだだ

帽子の下から漏れる
シューシューと言う音が
化学反応を期待させ
男は静かに笑う

ハハハ

I'll be back
もうすぐだ

バーに現れた彼は
帽子をとりあいさつする
雪のように白い髪は
期待を裏切らない
白髪紳士の登場だ!(あ、白髪紳士だ!)
白髪紳士の登場だ!(白髪紳士だ!)
何て白い髪!(なんて白い・・・なんて白い)
白髪紳士の登場だ!

そして

夜半過ぎ 髪が夜の闇に染まる前に
彼はそっと帰っていく
おだやかな笑顔を残して
白髪紳士が消える前に

2018年5月31日(木)

アナグラム「ダウ平均株価」と「うへ、開花気分だ」

首都大非常勤、前期第六回目。『ジャズの誕生』をテキストにしたリーディング3コマ。ダオメの儀式を例に、ポリリズムを解説する部分を読んでいるので、ダオメ王国の古都アボメイで撮影されたジンリという太鼓アンサンブルの動画を見ながら、授業開始。テキストの内容は、「ピークに達すると、その音は無秩序な空気圧搾ドリルの組み合わせのように聞こえるかもしれない。その音楽はポリリズム的である。すなわち、二つ以上の別のリズムが同時に演奏される ― (リズムの数は)5つや6つになるかもしれない。西アフリカ音楽の共通の基盤は、拍子記号でいうところの、4分の3拍子、8分の6拍子、4分の4拍子の組み合わせである。それは、まるでオーケストラが、同じ曲をワルツ、ワン・ステップ、フォックス・トロットとして演奏するようなものである ― それも全部同時に。そして、もちろん、歌や、手拍子足拍子がさらなるリズムの複雑さを加える」 「拍子記号でいうところの」というのはぼくの意訳である。最初は、「拍子記号の組み合わせ」と書く作者の意図がわからなかったのだが(拍子記号ではなく、リズムの組み合わせだろう?と思ったのだ)、アフリカには「拍子」の概念がなく、「3つの拍子の組み合わせ」というのが、西洋の採譜法を前提としたものである。そのことを示すために、作者マーシャル・スターンズは、わざわざ、「(西洋の)拍子記号(でいうところの)」という言葉を入れたのだ。実に手が込んでいる。

2018年5月30日(水)


最近、似たような案件が多過ぎて、何に対する皮肉か分かりにくいきらいはありますが、新曲はカリプソにしてみました。「山羊さんのお手紙」。

黒ヤギさんから お手紙着いた
白ヤギさんたら 読まずに食べた
黒ヤギさんから お手紙着いた
白ヤギさんたら 読まずに食べた
ホントは読んでいたけど 読まないことにして食べた
ホントは読んでいたけど 読まないことにして食べた

白ヤギさんは 手紙を持ってた
大事に控えを残しておいた
白ヤギさんは 手紙を持ってた
大事に控えを残しておいた
もう嘘はつけない もう嘘はつけない
もう嘘はつけない もう嘘はつけない

白ヤギさんは 何を頼んだの?
黒ヤギさんは 忘れちゃったの?
白ヤギさんは 何を頼んだの?
黒ヤギさんは 忘れちゃったの?
忘れるはずがないでしょう 忘れるはずがないでしょう
忘れるはずがないでしょう 忘れるはずがないでしょう

日本女子大非常勤、非常勤前期第八回目。3限「アカデミック・ライティング」は、エッセイ全体の構成が、パラグラフの構成とパラレルになっていることを確認して、エッセイのアウトラインをつくる練習。4限「アメリカ大衆文化演習」では、ポール・オリヴァー編集のConversation With Bluesから、リル・サン・ジャクソンの証言を読んだ。収穫を「山分けすることになっている」(実際には、地主がほとんどを持って行ってしまう)シェアクロッピングしか生きる道のない南部黒人の状況を語った後で、ジャクソンが歌うのがギャンブラーのブルースなのはなぜなのか。こつこつ働く農夫と、一獲千金のギャンブラーは一見すると対照的だ。世間の評価もたぶんそうだろうし、多くの人が苦しい生活から逃れることを夢見てギャンブルに手を出すのだろう。しかし、最後に持ち金を根こそぎ持っていかれるという意味では、両者は大して変わらない。そうした連想が、ジャクソンにギャンブラーのブルースを歌わせたのではないか。説教もブルースも変わらないと言ったサン・ハウスと同じ、本質を見極める視点がここにはある。

2018年5月29日(火)

アナグラム。「うこんのちからなんですっ」と「なんで、うんこちらかすのっ」

2018年5月28日(月)

副腎漬け。


アフリカン・ジャズ風の新曲インスト「一種のアフリカン・ジャズ」完成。

明治学院非常勤、前期第七回目。「アメリカ研究」は、南北戦争へと向かうアメリカの歴史。16世紀後半から19世紀前半にかけてのアメリカは、領土拡張の時代だった。トーマス・ジェファソンの時代に、ルイジアナと呼ばれる西南部の広大な土地をナポレオンのフランスから購入した(ルイジアナ購入、1803年)のを皮切りに、テキサス併合(1845年)、対メキシコ戦争(1846-8年)などによって、アメリカは西へ西へと領土を拡大していく。やがて、新たな領土の開発が進み、準州から州へ昇格するときに、その州を奴隷州として南部の陣営に加わるのか、自由州として北部の陣営に加わるのかが問題になった。農本主義を志向する南部と、商工業に活路を見出す北部は、あらゆるt年で対立したが、その焦点となったのが奴隷制であった。上院では、人口比に関わらず、各州に2議席が割り当ており、新たに生まれた州がどちらの陣営に加わるかによって、南北のバランスが崩れないように、南部と北部は妥協をくり返した。北緯36度30分線以北に奴隷州を認めないとしたミズーリ協定(1820年)自体、ミズーリ州を例外として奴隷主とする代わりに、コネチカット州からメーン州を分離させ、自由州を一つ増やすという妥協を伴うものだった。

こうした南部と北部の取引に最も振り回されたのが、黒人奴隷の人たちであった。とりわけ、1859年、対メキシコ戦争で獲得したカリフォルニアを自由州として昇格させる代わりに、逃亡奴隷法が強化されたことは、奴隷制廃止論者たちに衝撃を与えた。テキサス・ネブラスカの州昇格に際しては、地涌集荷奴隷手かの判断は住民の判断にゆだねられることになり、当地域は奴隷制廃止派と存続派によって、血で血を洗う内戦状態となった。その闘いのなかから、頭角を現したのが、ラディカルな奴隷廃止論者であるジョン・ブラウンだった。1859年、ブラウンは、仲間と共に、ハーパーズ・フェリーにあった連邦軍の武器庫を襲い、革命を起こそうとするが、鎮圧され、絞首刑になるが、彼の存在は「ジョン・ブラウンの屍」という歌となって、北軍の兵士を奮い立たせることになる。

1860年、奴隷制拡大反対派が大同団結した共和党から、リンカーンが大統領に当選すると、南北の対立は極限まで高まり、南部諸州が連邦から脱退。ジェファーソン・デイヴィスを大統領にして、アメリカ連合国として分離独立を宣言する。南部連合に参加したサウス・カロライナ州は、州内にあった連邦側のサムター要塞を攻撃。これにリンカーンが救援を決定し、南北戦争がはじまった。っ子の戦争の結果、奴隷解放宣言が出され、奴隷制に終止符が打たれたことは事実である。しかし、リンカーン自身が語っているように、戦争の目的は奴隷を解放することではなく、連邦を守ることにあった。

4限、3年次ゼミは、先週水曜日の日本女子大同様、ポール・オリヴァー編集のConversation With Bluesから、シェアクロッパーの先行きの見えない状況を語るウェイド・ウォルトンの告白を読んだ。

國學院非常勤、前期第七回目。英語で落語を読むリーディングの授業2コマ。三遊亭圓生「死神」の動画を見せた。「時そば」を訳し終わった人から、英語版「死神」のテキストへ。

«2018年5月27日(日)

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30