無料ブログはココログ

2016年12月6日(火)

奥地の濃いビート。

日本女子大非常勤、後期第十二回目。3限、「米文学随筆評論演習」は、ハリエット・アン・ジェイコブズの奴隷体験記を読む。友人ピーターの手引きで、船で逃亡することになっていたリンダだが、祖母の強い反対に遭い、計画を断念する。不満を隠しきれないピーターを説得して、リンダは、近所に身を隠している逃亡奴隷ファニーを乗船させる。ところが、風向きが悪く、船はなかなか出帆できない。そんななか、リンダが屋根裏から下りて、祖母と話をしてるところへ、いたずら者の奴隷ジェニーがやってくる。自分の不注意でリンダの存在を知られたと考えた祖母は、リンダに逃げるよう勧める。事態を知ったピーターは、動きはじめた船を止め、怪しむ船長を説得して、逃亡奴隷をもう一人(=リンダ)乗せることに同意させる。

4限、「アフリカ研究」は、ジンバブエについて。ジンバブエで撮ってきた、2003年、ブックフェアの野外ステージでのムビラ・ゼナリラの演奏を収めた動画を流しながら、授業開始。現地の観客に交じって、踊りまくる黄色いオッサン(=ひらげ)も登場する。動画のなかで、ひらげと抱き合って再会を喜んでいる男が、前年、ブックカフェのムビラ・ゼナリラで出会った二人組のうちのひとり(たぶん、泥棒)であることを話した。そのときのことが書かれた2002年の旅行記を引用すると・・・

溝口さんに8分の6拍子ポリリズムの面白さを説明していると、前のほうに座っていたドレッドのアフリカ人がこちらを向いて手招きしている。すでにかなり酔っ払っている。名前を聞くとタウライと言う。俺はスカルプチャ(彫刻)をやっている、海外からだって注文が来るんだぜ・・・と紹介文の書かれた紙を取り出す。(中略)しばらくすると彼の友だちジェキ(彼もスカルプチャをやっている)が戻ってきた。こちらは丸顔の人のよさそうな男。席に着くなり溝口さんを口説きはじめる。演奏はどんどん盛りあがってく。みんな踊りだす。拍子木の人が先導役になって次々と客を煽る。ぼくと溝口さんもどちらかが相手の荷物を見張って、交代で踊ることにする。踊る踊る踊る。ジェキは溝口さんを口説きつづける。テーブルに戻ってくるとタウライはすでにべろべろに酔っ払っていた。そして・・・「ここではハートを強く持たなきゃいけないぞ。バッグは置いていけ。俺を信用しろ」・・・おおっと(笑)、そうはいくかい。お前じゃなくても、どこに盗人がいたっておかしくないじゃないか・・・「あのな、このカバンにはお金とか高価なものは何も入っていない。でも、お前のようなここで出会った友だちの住所や電話番号が書かれたノートが入っている。お前のことは信用しているよ。でも、こいつを失くしたら友だちに対する裏切りになる」と言った。するとタウライは目の奥をウルウルさせてうなづきながら、自分の紹介文をぼくのカバンのなかに押し込もうとする。かわいいやつだ(笑)。その間もジェキはひたすら溝口さんを口説き続けている。タウライはますます酔っ払ってぐでんぐでんになり、女性に抱きついたりして嫌がられている・・・

タウライとジェキ。どうしているかなぁ。ムビラ・ゼナリラのライブについて行っては、よからぬことをしてたみたいだけど、グループが有名になるにつれ、排除されていったのかな。授業は続いて、ジンバブエを代表するミュージシャン、トーマス・マプーモオリヴァー・ムトゥクジを紹介。彼らの演奏を収めた動画を見る予定だったのだが、用意してきたDVDがかからず、あえなく断念(あとで調べたら、DVD-R DLという対応機種の少ないディスクだった)。

Mapfumome

↑1991年の来日公演の際、トーマス・マプーモといっしょに撮った写真。ぼくのあまりの変貌ぶりに、学生もびっくり。

次に、ジンバブエ文学を紹介。短編小説の名手チャールズ・ムンゴシ。夭折したドレッド・ヘアの小説家・詩人ダンブゾ・マレチェラ、精霊たちの声を交えながら独立戦争を描いた『骨たち』で、1989年野間アフリカ文学賞を受賞したチェンジェライ・ホーヴェ(2015年没)、ジンバブウェを代表する女性作家イヴォンヌ・ヴェラ、「兄さんが死んだとき、残念には思わなかった」という衝撃的な出だしの小説『ナーヴァス・コンディション』を書いたツィツィ・ダンガレンバ・・・などなど、近年は社会的、政治的混乱もあって、さすがに文学どころではないのかもしれないが、亡命ジンバブエ人の作品が話題になるなど、アフリカのなかでも文学は盛んなほうだと思う。マレチェラの詩を訳してプリントにのせたところ、心を動かされた学生も多かったようだ。

ぼくは引き取り手のいない荷物
だれもが責任を持ちたがらない
人間のクズ
だれもが人当たりのよい笑顔の下に
しまいこんでいる疑り深いにやにや笑い
だれもが暗黙のうちにしてはならないと思っている大きな
おなら
陳腐な言葉で口をすすぎ礼儀正しく
押さえ込んでいる臭い息「つまるところ、それは
詩」
ぼくはすべてのネコがひそかにあこがれるネズミ
すべのイヌがひそかに怖れているネコ
すべての実直な市民が鏡のなかに見いだして
驚いている背教者 詩人

Dambudzo

また、ホーヴェのエッセイ「気にするな、シスター、これがぼくらの祖国だ」から、ジンバブエの人口の7割を占めるショナ人の民族性を表した次のような一節を紹介した。

最後に帰郷したとき、母は頭痛に悩まされていた。彼女は静かにそれに耐えているといった感じで、散々問いつめられなければ不平も言わなかった。「誰でも病気のひとつぐらい持っているもんだよ」と、彼女は言う。わたしは、そのまま頭痛を放っておいてほしくなかった。話してくれればいいのにと思って、いやな気分になった。しかし、いやな気分になったと母に言いはしない。わたしがいやな気分になったことで、母はいやな気分になるだろうから。そして、母がいやな気分になったと言えば、そのことでぼくもいやな気分になるだろう ("Never Mind, Sister, This Is Our Home" Shebeen Tales 28)。

あ~、めんどくさっ!!(笑) 日本ではアフリカ人というと、陽気で開放的なイメージを持っている人が多いかもしれないが、ショナの人たちに関していえば、他人に気を使って、はっきりした物言いを避ける、日本人によく似た人たちだ。同じジンバブエでも、人口の3割を占めるンデベレ人は、白黒はっきりつけたがる人たちだと言われてる。もちろん、個人差はあるし、ステレオタイプには違いないのだが。

最後に、ジンバブエの近代史を。1890年、ケープ植民地の首相セシル・ローズが鉱山開拓権を獲得したことによって、ショナランドやマタベレランドは植民地国家ローデシアに編入されていく。1896年、こうした植民地支配に抵抗したアンブーヤ・ネハンダの闘い(第一次チムレンガ。チムレンガがショナ語で「闘い」)は鎮圧され、1923年、白人だけの住民投票で、英連邦内に南ローデシア自治政府が樹立される。その後、ロ―デシア・ニヤサランド連邦の短いリベラルな時代を経て、植民地の独立を進めるイギリスに反発する白人政府によって、英連邦からの独立が一方的に宣言され、白人支配体制が確立される。しかし、白人政権に対するアフリカ人ゲリラの攻撃は、1970年代後半から熾烈を極めるようになり、長い独立闘争(第2次チムレンガ)の末、1980年、ローデシアはアフリカ人を中心とした新国家ジンバブエとして生まれ変わることになった。最近の日本の報道では「世界最悪の独裁者」のような扱いを受けているロバート・ムガベ大統領だが、独立当初は民族融和を訴え、世界の尊敬を集めていた。しかし、次第に進む政治腐敗から国民の目をそらす目的もあって、白人大農場主の土地返還問題を暴力的に解決しようとしたことで、世界の非難を浴び、制裁によってジンバブエの経済は崩壊し、ハイパーインフレに突き進んでいった。

次回はムビラ奏者のマサさんを招いて、さらに深くショナ人の文化に踏み込んでみたい。今回上映し損ねた動画は、次々回、エピソードを交えながら紹介する予定。

5限、「アカデミック・ライティング」は、それぞれのペースで論文指導。

2016年12月5日(月)

「家なき子」と「言えない奇行」

明治学院非常勤、後期第十回目。前回に引き続き、スパイク・リー監督の映画『マルコムX』(1992)を見た。ネイション・オヴ・イスラムのミニスターとして、教団のスポークスマン的な存在に登りつめたマルコムだが、教祖イライジャ・ムハメッドの女性問題などから教団に疑念を抱くようになる。教団幹部からのやっかみもあり、ケネディ大統領を暗殺をめぐる発言によって、謹慎処分を受ける。これをきっかけに教団を離れたマルコムは、メッカ巡礼によって肌の色を前提としない新しい考えに目覚め、他の公民権運動家との共闘を模索し始める。その矢先、オーデュボン・ボールルームで、演説中に銃弾に倒れた。今回はマルコムが何発もの銃弾を受けて倒れる衝撃的なシーンまで。映画はこのあと、ボールドウィンによる追悼詩、ネルソン・マンデラの登場によって、マルコムを反植民地闘争全体につなぐ重要なシークエンスがいくつか残されているが、それは次回。

お出口は右が輪です。

國學院非常勤、後期第九回目。6限は、『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング。毎回、音楽をかけながら授業を始めているが、さすがにネタ切れ気味なので、困った時のスパイク・ジョーンズ「黒い瞳」(テキストとは無関係)。テキストの内容は、もともと町を支配していたフランス人やスペイン人が、アメリカ領になったニューオリンズで経済的な周縁に追いやられたのはなぜなのかという話から。「フランス人やスペイン人の貴族たちは、ルイジアナ買収に続く北部商人の進出に対抗できる準備ができておらず、イギリス系プロテスタントの慣習がその存在を感じさせ始めた」「それでも、ニューオリンズはラテン=カトリックが優勢な町のままだったし、現在もそうである。そのことがアフリカ音楽の生き残りを助ける要因となった」

7限は、バラク・オバマ、2008年大統領選勝利演説を読む。テキストの内容は、「それ(選挙運動)は、大義のために5ドルや10ドルや20ドルをそうと、持っているなけなしの貯えに手を付けた働く男女によって築かれた。それは彼らの世代の無関心という神話を拒絶し、稼ぎは少なく睡眠時間ばかり削られる職のために、家庭や家族を残してきた、若い人たちから力を得た。それはまた、つらい寒さや焼けつくような暑さをものともせず、まったく見知らぬ人のドアを叩いたそれほど若くない人たちから、自ら志願して運動を組織し、2世紀以上もたった今でも、人民の人民による人民のための政治が、地上から消え去っていないことを証明した何百万というアメリカ人から力を得たのです」

「ねむいの」と書かれたパーカーを着た学生とすれ違った。負けてはいられない。

2016年12月4日(日)

チキリハ(チキリカ・リハーサル)。新曲(といっても、デモ録音を作ったのは5年以上前)「また朝が来る」で試行錯誤。中間部にダブ風のパートを入れた。今日はベースとパーカッションが不在だったので、効果のほどは半分ほどしかわからないが。

2016年12月3日(土)

ジャズ・ピアニストの言うことはもっともだが、あとで反論だけはしよう。「正論に明日、文句」

駆け込みお嬢様はおやめください。

2016年12月2日(金)

「きいてないよー」なんて言わずに、ないよーきいて。

神奈川大非常勤、後期第十回目。「初級英語」は、テキスト解説。「基礎英語」「中級英語」は、仮定法について。

2016年12月1日(木)

たいへん危険な行為。「きみの瞳に小石蹴る」

51yhhqp0abl_ss500

首都大非常勤、後期第八回目。『ジャズの誕生』をテキストとするリーディング3コマ。テキストに名前が登場するオンワード・ブラス・バンドの演奏する「ダウン・バイ・ザ・リヴァー」を聞きながら、授業開始。とは言え、19世紀末の録音が残っているわけではなく、1960年にまったく別のメンバーによって「再結成」されたあとの録音である。テキストの内容は、

元植民地として、ニューオリンズは軍楽隊におけるフランスの流行をぴたりと離れずに追いかけ、当然のことながらそれで有名になった(かなりあと、1891年に、父親がメンバーだったクラリネット奏者のエド・ホールによれば、ニューオリンズ出身の黒人で編成されたオンワード・ブラス・バンドがニューヨークのコンテストで優勝した)。楽団はほとんどすべての機会 — パレード、ピクニック、コンサート、川舟の周遊、ダンス、葬式 ― に雇われる、成功間違いなしの出し物だった。1871年、13もの黒人組織が、ガーフィールド大統領の葬儀で、自分たちの楽団によって代表された。

それにしても、この人(マーシャル・W・スターンズ)は悪文の名手である。関係代名詞の前にコンマをつけて非制限用法にするのはもちろん、過去分詞や現在分詞の前にもことごとくコンマをつけて、挿入句的に解釈することを要求する。これを馬鹿正直に日本語に反映しようとすると、かなりややこしいことになるので、授業ではそれぞれ名詞に係るように訳した。もちろん、こうした書き方をするのには理由があって、その場で思いついたことを即興で挟みこむような体裁を取ることで、ジャズのアドリブのような感じを出したかったのではないかと推察する。最後の文は、暗殺されたガーフィールド大統領の葬儀についての記述だが、年代が間違っており、1881年が正しい。これは教科書のミスではなくて、スターンズの原書の誤記である。

«2016年11月29日(火)

最近のトラックバック

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31