無料ブログはココログ

2018年4月23日(月)

アナグラム。「あの鐘を鳴らすのはあなた(アノカネヲナラスノハアナタ)」「あなたのネ 鼻を明かすのら(アナタノネハナヲアカスノラ)」

明治学院非常勤、前期第三回目。3限「アメリカ研究」は、テレビドラマ『ルーツ』の続きを見たあと、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ「400イヤーズ」を聞き、歌われている「400年」が奴隷貿易が始まってから現代まで、人種差別という「哲学」の400年であるということ、ジャマイカをはじめ、世界各地にアフリカ系の人々が存在するのは、奴隷貿易の結果に他ならないこと、ジャマイカなどカリブ諸国は、アメリカ合衆国に売りつける前に奴隷を「飼いならす」、前哨地としての役割を果たしていたことなどを述べた。続いて、非人道的な奴隷貿易が数百年に渡って続いた背景には、回せば回すほど儲かる経済サイクルがあったとして、三角貿易について説明した。最後に年表を見ながら、奴隷が最初にアメリカに陸揚げされたのは、メイフラワー号の到着よりも前であり、黒人奴隷の歴史は決してアメリカ史の傍流ではないこと、奴隷制が、アメリカ民主主義の根幹をなす議会の議決を経て、正当化されたことを指摘した。

4限の3年ゼミでは、前回読んだボブ・ディランのノーベル賞受賞講演から選んだキーワードについて、それぞれ調べてきた結果をh学生に発表してもらった。バディ・ホリーレッドベリーについて調べてきた学生が多かったが、キーワードにはあげなかったチャック・ベリーについて調べてきた学生もいた。例えば、バディ・ホリーならヒーカップ商法など、細かい用語を調べてきた学生もいたが、ヒーカップがどういう歌い方なのかと聞くとわからない。そこのところに深く突っ込んでいくと、さらに世界が広がるのだが・・・と指導したうえで、ヒーカップ商法で「ペギー・スー」を歌って見せる。変な先生だ。また、ビートルズが大きな影響を受けたことを指摘する学生も多く、そういえば、ジョン・レノンが時折聞かせる、鼻にかかったようなコミカルな歌い方は、バディ・ホリーなのかものな、と思った。ジョンが『ロックンロール』で「ペギー・スー」をやtぅているのはもちろん知っていたが、ポールが同曲を弾き語る映像があるというのは知らなかった。探すと、こんなのが出てきた。

レッドベリーについては殺人での逮捕歴があることを、学生がどのように考えるか、気にしつつ、ブルース以前の音楽を得意とするレッドベリーを、さまざまな要素からなるアメリカ音楽を体現する存在として見ることもできるのではないかといった話をした。チャック・ベリーについては黙っていられない。『ヘイル!ヘイル!ロックンロール』を知らないようだったので、キース・リチャーズとの愉快なやりとりなど、チャックのくそおやじぶりを紹介する一方、理知的で、皮肉きいた歌詞は、まさにロックンロール詩人と呼ぶにふさわしいものであることなど、学生の発表そっちのけで、少々しゃべりすぎた。次回はいよいよ、サン・ハウスの「プリーチン・ブルース」をきっかけに、ブルースと黒人教会、シェアクロッピングの関係に踏み込んでいきたいと思う。

澁谷の國學院に移動して、前期第三回目の授業。英語で落語を読むというのは我ながらいいアイディアだと思うが、6限と7限でだいぶ進度が違う。今日は「時そば」を読み始めたのだが、6限のクラスが血h氏として進まないのに対し、7限は早くも前半を読み終わってしまった。7限に文法の解説などを入れて、調節しよう。

授業のあとに寄ったラーメン屋で、先にカウンターに座った赤ら顔のおっさんに、「身障者じゃねえんだろ、しっかりしろよ」という絵に描いたような侮辱を受けた。おっさんが後生大事に抱えているブリーフケースが邪魔で、隣の席に座れずに、まごついていた時のことである。「いえ、身障者です」「うそつけ」「パーキンソン病なんです」とたんにおっさんは顔色を変え、「ごめん、ごめんねえ」と謝ってきた。こういうときのぼくは、底意地が悪い。徹底的に紳士的に振る舞って、「相手も悪かった」という言い訳が通用しないところに追い込んでいく・・・それにしても、疲れた。

2018年4月22日(日)


一ヵ月ほど前の朝、悪ふざけからつくった曲「ゴミの日」の編曲ヴァージョンを完成させた。歌詞に深い意味はない。というより、自分でも意味が分からない。

月曜日は、燃えるゴミの日
火曜日は、燃えないゴミの日
水曜日は、あえて燃やさないゴミの日
月曜日は、ゴミを燃やし
火曜日は、ゴミを埋め立て
水曜日は、あえて燃やさないゴミの日
燃やさないと決めた以上
それはもう、ゴミではない

木曜日は、資源ごみの日
金曜日は、ビン・カン・ペットボトルの日
土曜日は、燃やししつくすごみの日
木曜日は、ゴミを仕分け
金曜日は、ゴミを並べ
土曜日は、燃やし尽くすゴミの日
燃やすと決めた以上
徹底的に燃やす 灰になるまで

日曜日はのんびり・・・そして再び

月曜日は、燃えるゴミの日
火曜日は、燃えないゴミの日
水曜日は、あえて燃やさないゴミの日
月曜日は、ゴミを燃やし
火曜日は、ゴミを埋め立て
水曜日は、あえて燃やさないゴミの日
燃やさない 燃やさない
燃やさない 燃やさない

2018年4月21日(土)


ちょっとエロく聞こえるかもしれない。スカ×ファンクな新曲「しんぼうたまらん」、完成。

しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
もはやこれまで

しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
もう先がない

我慢の限界 我慢の限界
我慢の限界 我慢の限界
我慢の限界 我慢の限界
我慢の限界 我慢の限界
もれるもれるもれるもれるもれるもれる

朝まで待てない 朝まで待てない
朝まで待てない 朝まで待てない
朝まで待てない 朝まで待てない
朝まで待てない 朝まで待てない
きみに会いたい

しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
しんぼうたまらん しんぼうたまらん
もはやこれまで

2018年4月20日(金)

神奈川大非常勤、前期第二回目。初級英語3コマ。過去分詞の形容詞的用法。

すごくお世話になりながら、迷惑ばかりかけた末、不義理を重ねている方が夢に現れた。怖い顔をして、「腹を立てていたんだがね」と言う。「急に気が変わった」いつものその人とは違う高圧的な調子に息を飲んでいると、「お前を解放できるのは、俺しかいないと思ってな」解放・・・?「音楽でもなんでもいい。お前が本当に興味のあることで、一本書け。それで許してやる。どこへでも行けばいい」いや、ぼくは・・・。「これ以上、嘘をつくな。残された時間は、そう多くはない」目を覚ますと、じっとり汗をかいていた。

2018年4月19日(木)

首都大非常勤、前期第二回目。テキストに入る前に、SVOCと五文型の説明。間にジャズの捉えにくさと、ニューオリンズがジャズの歴史において重要な位置を占めた理由についての話を挟み込んだ。集中力が途切れないように、今年度から導入した手法。

2018年4月18日(水)


新曲「いつ死んでもいいように」の編曲ヴァージョンをつくってみました。歌詞も一か所だけ変えました。

いつ死んでもいいように
好きなことたくさんしよう
ステキな曲をたくさん書いて
カワイイ子とキスをして
お酒を飲んでバカ騒ぎ
そしてきみに 愛してるって言おう
タラララッタ タッタラッタ ラタ
タラララッタ タッタラッタ・・・

いつ死んでもいいように
遺言書を残しておこう
トラブルにならないように
争いが起きないように だけど
争うような金はなし
トラブルにもなりそうにない
だから一言 愛してるって書こう
タラララッタ タッタラッタ ラタ
タラララッタ タッタラッタ・・・

いつ死んでもいいように
好きなことたくさんしよう
映画を見て泣きたいな
夜通し語り合おう
きみの好きなワインを空けて
そして きみに愛してるって言おう
タラララッタ タッタラッタ ラタ
タラララッタ タッタラッタ・・・

日本女子大非常勤、前期第二回目。3限「アカデミック・ライティング」は、パラグラフ・ライティングの説明に入り、トピック・センテンス(主題文)のつくり方について。主題文には、主題(トピック)と、それを限定するアイディア(コントローリング・アイディア)が必要なこと、また、主題文の内容は限定的過ぎても、一般的すぎてもいけないことに注意を促したうえで、テーマを列挙して絞り込んでいく「リスティング」の手法で、主題を見つけ、主題文を書く練習をした。4限のアメリカ大衆文化演習」は、月曜の明治学院ゼミ同様、ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞講演を、講演のなかで触れられた音楽を聞いたり、動画を見たりしながら、解説した。キーワードを選んで調べてくるよう指示したのも、明学と同様。

«2018年4月16日(月)

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30