無料ブログはココログ

2018年8月13日(月)

南半球系バンド・チキリカの「Koma」で遊んでみました。題して、「Koma幻想」。

飽くまでも悪い冗談として受け取って欲しいのだが、どうしても戦争をするというのなら、50歳以上の徴兵制でやればいい。年寄りどもが衰えた身体で気張ったって、大した戦いはできやしない。早晩、平和交渉への道が探られるだろう。だいたい、世の中、年取ったものから死んでいくの道理で、19、20歳の人間が国のためだろうが、思想のためだろうが、命を落とすなんて馬鹿げている。50歳未満の人間を兵士として使った場合、厳しい制裁措置が課せられる国際法を定めればいい。

2018年8月12日(日)

ひらげ」エレキテルとして、日吉NAPに出演しました。演目は、「空飛ぶブルース」「不機嫌そうに」「左目のブルース」「いつ死んでもいいように」「かわいい子猫ちゃん」「ピーチ・ジョン」「すっぽんぽん節」「最後の日」。聞きに来てくださったみなさん、ありがとうございました。共演者のみなさんもユニークで、とりわけ、さみーさんのくいっとひねったような歌、ループ・マシンを駆使したTakashiさんのステージに刺激を受けた。NAPでの次回ライブは、9月9日(日)、ひらげエレキテル次回のライブは、8月15日(水)江古田マーキーです。お時間の合います方、ぜひお越しください。

昨日思いついた、童謡「ちかてつ」のブルース・カバー、つくりこんでみた。

2018年8月11日(土)

日本女子大夏期集中、二日目。

子供のころによく聞いた童謡「ちかてつ」を、ブルースでカバーするというアイディアを思いつき、さっそく仮に録音してみた。サザエさんの挿入曲や「おもちゃのチャチャチャ」をつくったことでも知られる作曲者の越部信義さんは、三木鶏郎さんのところで働いていた人らしい。なるほど。名村宏さんの歌詞もすっとんでいて、すばらしい。

2018年8月10日(金)

馬のみミニ念仏。

日本女子大夏期集中、一日目。

2018年8月9日(木)

長崎原爆の日。


またしても、新曲ができた。「ブルースで踊ろう」。シンプルなブルースですが、自分では気に入っている。

ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
むしゃくしゃする日は
ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
イライラする日は

ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
ついてない日は
ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
負ける日もある

ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
裏切られたとき
ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
やりきれないとき
お前の知ってるあの古いステップで

ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
すっからかんいなって
ブルースで踊ろう
ブルースで踊ろう
一文無しになって
お前の知ってるあの古いステップで


2018年8月8日(水)

何となくぞっとする。「小さい秋産みつけた」

以前、戦争について書いた詩をもとに、アフロ・ビート風の曲にしてみた。「ケモノの記憶」。かなりの問題作。

戦争になると 人はケモノになる
戦争になると 人はケモノになる
きっとぼくもそう ぼくもそうだろう
人を殺すために 人はケモノになる
人を殺すために 人はケモノになる
きっとぼくもそう ぼくもそうだろう

血に飢えた動物は ケモノになる
血に飢えた動物は ケモノになる
でも、ことが終われば す具に忘れてしまう 
人間は忘れられない
ケモノの自分を忘れられない

すべてが終わって うちに帰っても
愛する人の横で眠っても
ケモノの記憶に苦しみ続ける

英雄じゃない 軍神じゃない
あんた人間だ
英雄じゃない 軍神じゃない
あんた英雄だ
苦しいだろ? あんた人間だからさ

«2018年8月6日(月)

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31