無料ブログはココログ

2019年9月28日(土)

病気の友人を励ますためにつくった曲「心配するなよ」改め、「わるくないだろう」、散々迷走を続けてきたけど、ギターを切り刻むことで、ある時期のストーンズのようなサウンドに生まれ変わった。これはカッコいいと思う。

「わるくないだろう」

心配すんなよ Baby
明日は見えないけど 
とにかく今は Baby
俺たちここにいる

死ぬのが怖いかい
そりゃ、俺だって怖いさ
でも 死がどんなものか
知っているヤツはいない
意外といいものかもしれないぜ

ある日 とてつもなくいい女が
大きなおっぱいを揺らして
枕元に現れて
わたしといっしょに行こうって言うんだ
柔らかいおっぱいに包まれて
お前は気を失う
それが死ぬことかもしれないぜ
悪くないだろう 悪くないだろう

心配すんなよ Baby 明日は見えないけど
サイアクでも Baby
巨乳の天使に抱かれて 昇天するだけさ
悪くないだろう 悪くないだろう

2019年9月27日(金)

神奈川大学非常勤、第二回目。

2019年9月26日(木)

首都大は来週からだった・・・南大沢まで来てしまった。そして、体が動かない。結果、体調を崩し、國學院は初回から休講に。

親子のすれ違いを描いた新曲「シンバル」。コミカルですが、ちょっと切なくなる曲です。

「シンバル」

父さんが買ってくれたシンバル
父さんが買ってくれたシンバル
ぼくが欲しかったのはドラムセット
それでも、うれしい
父さんが買ってくれたシンバル
ぴかぴかの

父さんが買ってくれたシンバル
父さんが買ってくれたシンバル
おもちゃのサルみたいに両手を合わせ
父さんが買ってくれたシンバル
とてもいい音

河原で練習くり返す
毎日練習くり返す
父さんは楽しみに待っている
「あのシンバルはどうした?」
父さんのシンバル

父さんが買ってくれたシンバル
父さんが買ってくれたシンバル

2019年9月25日(水)

日本女子大後期第一回目。

2019年9月23日(月)

明治学院後期第一回目。

以前、ボブ・ディラン風につくった「大きな嘘を吐いてやろうじゃないか」に別の歌詞を加えて、全然違う曲にした。これは、陳腐だけど、カッコいいと思います。

「大きな嘘をついてやろうじゃないか」

嘘つきは泥棒の始まりという言葉もあれば
嘘から出たマコトという言葉もある
ギターを弾き始めた中学生だったぼくは
まさかこんなに長い間歌を歌うとは思っていなかっただろう
そうだな
今も同じなんだ
今始めたことがいつまで続くかなんて
誰にも分りゃしないさ

守れない約束なら約束なんかしないほうがいいという人もいる
夢を見るのは勝手だが実現しない夢は嘘と同じだという人もいる
でもどんな夢も約束も実現されるまでは嘘なんだ
すべてのマコトは嘘から始まるんだよ
マーティン・ルーサー・キングは嘘をついた
マハトマ・ガンジーは嘘をついた
ジョン・レノンは嘘をついた
皆嘘から始まったんだよ
ネルソン・マンデラは嘘をついた
そんじょそこらのちっぽけな政治家の話じゃない
大きな嘘をついたんだ
世界を変える嘘をついたんだ
そしてそれはもう嘘じゃない

大きな嘘をついてやろうじゃないか
誰にも笑えないような
大きな嘘をついてやろうじゃないか
笑うしかないような
大きな嘘をついてやろうじゃないか
誰にも笑えないような
大きな嘘をついてやろうじゃないか
笑うしかないような
だから今日もやってみるよ
翼がなくても空が飛べるかどうか
ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!
跳べ!跳べ!
大きな嘘をついてやろうじゃないか
ジャンプ!ジャンプ!
跳べ!

2019年9月20日(金)

神奈川大学前期第一回目。

«2019年9月19日(木)

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31